ブログトップ

つれづれ

研究会

30年9月12日 水曜日 曇り 午後からは今にも降りそうな気配になりました 26.5℃ 昨日より1℃低い。そろそろ健太の散歩に出ようかと思う。午前中は写真の編集中にパソコンが固まってしまい、午後からはexciteの画面が変わって、やはり入力中にフリーズ・・・こういうの初心者には困るんだよなぁ・・勝手にいじってる奴は誰だよ!まぁ、相手はMicrosoftだとかexciteだとか、その道のプロが向上させようとしているのだけど、そう簡単に変えられては実に困る。こう言う事を書いていると今日書こうとした内容を忘れてしまい、どんどん意志とは違う方向に進んでいる(笑)昨日の稽古は全員午後からでした。移動は楽ですね。兎に角、通勤帯の満員電車で席取りゲームをしなくても良い。今日は研究会出場の生徒が時間を合わせて稽古に来ると言う。
b0197486_15144821.jpg
b0197486_15160669.jpg
藤袴、女郎花、竜胆を有馬籠に
b0197486_15162390.jpg
大円之草・・お稽古だからね・・許して頂きましょう
b0197486_15163737.jpg
主菓子 三人分入れたのですが先客(正客)が取った後です。ご銘は「まさり草」松月庵製
の古名。寛平の菊合わせの歌に「すべらぎの万代 (よろづよ) までにまさりぐさたまひし種を植ゑし菊なり」と詠まれたところからいう。
Google辞書から
b0197486_15170593.jpg
今回は薄茶4服を一碗で点てる・・「え~一碗でですか?」「本来は一碗です」大寄せに慣れると忘れてしまいます。
b0197486_15165175.jpg
干菓子は月世界と打ちもの・・盆に粉が落ちていますよ!干菓子を盛る時は気を付けねば。羽かブラシで軽く掃いて落とす。
b0197486_15172069.jpg
何を笑っておられるのか・・薄茶ですからこのような笑いがあっても良いです。
b0197486_15173515.jpg
茶杓のご銘を「露時雨」とされました。こういう詞もあるそうですが馴染みが無いので、簡単に分かる銘が良いですと言う事で
茶碗作者「長楽」ご銘「時雨」
茶杓ご銘「野分」
最初、茶碗のご銘を「野分」と言われましたが、何の変哲もない黒楽なので「時雨」にしました。この茶碗は教室の稽古用ですが、研究会当日の支部で用意される茶碗も多分似たり寄ったりだと思うので。
問題は主菓子を席で戴くかどうかですが業躰次第です。




by higashinuma | 2018-09-12 15:21 | 茶道

茶道をとおして日々の流れをつづる