ブログトップ

つれづれ

カテゴリ:旅行( 208 )

久しぶりの伊豆

30年10月11日 木曜日 曇り対岸を見ていると霞んでいて雨が降りそうな気配 26.2℃ 寒い

健太が来てから二年目。年末年始はともかく、それ以外は日帰り旅行しかしていない。今回は若がどう思ったのか予約してあるからと言う。そして健太をペットホテルに預ける事になった。ついでに年末年始も申し込んだらと言ったら、もう満席らしい。同じ系列の別の店に申し込み安堵したと言う次第。9月の時点でこうだから凄いなぁと思う。と言いながらお節料理の予約も8月くらいから始まっている。驚くばかりです。
10月5日の記事からの続きです。
夕食までの間、若はプールに泳ぎに行き、私は部屋で読みかけの小説を読んでいた。一冊読み終えた頃に帰ってきたので、風呂に行ってから海岸に出てみる。風呂は暫くの間貸し切り状態でした。
b0197486_08173248.jpg
左の何かあるような真ん中から上の辺りに公営の露天風呂があるようです。
b0197486_08180924.jpg
この右側では時々サーフィンを楽しんでいる人が居ますが、台風の影響で波が高いので流石に誰もいない。
夕食と朝食はバイキングです。3連休前の金曜日なのですが、風呂に人が居なかったので少ないと思ったが、ダイニングは満席でした。若い家族連れも結構います。
b0197486_08190013.jpg
左上の刺身盛り合わせは、本当は海鮮丼の具。ご飯が口に入ると他の物が口に出来なくなるので刺身だけとって来て(写真は7種類ですが他に未だ刺身の種類がある)この日はビール。小皿の中はいつもより料理の種類が多いと感じたけれど、味が今一。写真の他にまだまだ沢山種類がある。いつも美味しかったのに・・手前側若の分。
年配の夫婦が只管蟹を食べていた。蟹の載っている写真の皿・・是は若が持って来た・・その夫婦の皿はこの倍は載っていた。それを食べ終えた三皿と食べかけの皿一枚。此処では凄く目立つ。只管食べまくっていた。他には何も無かったが、我らが食べ終わる頃に「カレー食べているよ」と若に言われ、見ると蟹は手つかずの皿がありカレーを食べていた。二人で顔を見合わせ笑ってしまった。
b0197486_08194128.jpg
二皿目は和食っぽい物と冷菜風の物を取って来る。是は美味しかった。上の写真の小分け仕切りの料理は中華系ですが、洋食系の揚げ物やパスタなどもある。
食べ過ぎ・・・
b0197486_08545319.jpg
翌日の朝。部屋の窓を開けると・・本当は水平線に大島があるのですが・・本当に良い天気だと伊豆七島が見えるのです・・数えきれない位行ったが未だ一度しか見ていない。
朝食・・勿論、朝風呂のあとです。大浴場は二か所あって、午前零時に男女入れ替えです。どちらも海が広がり朝陽が差すのは癒されます。ホテルの部屋は全室海側。
b0197486_08204575.jpg
是は若の分でお粥を食べているようです。私のはパン食で、サラダとかヨーグルト等が・・・それでも鯵と金目の一夜干しは欠かせない。料理を一巡(食べたのは三分の一程度かな)して、急に蕎麦も食べたくなって来た。温泉卵ととろろ、若芽等を載せて戴くが是が美味しかった。
最後は味見で和食のメニュー・・蒲鉾の山葵、たらこ、烏賊塩辛などを少しずつ取って来る。海苔とか納豆とかもあり、これらはやはりご飯の菜と思う。
料理の種類は多い。

今日はどうする?せっかくだから美術館行きたいけど・・・
b0197486_08520128.jpg
駅前の源泉
久しぶりにMOAに行く事にする。・・行く前のこの関連のブログを読んでいたみたいです。
「最近は健太の話だけで僕が出てこない」「お前の事書いたら悪口ばっかだよ」・・・それとなく匂わせたのが効果あり(笑)
b0197486_09011938.jpg
b0197486_09021109.jpg
エスカレータルーム?いつもながら綺麗です・・昔、星座を写していた?があれも良かった。
b0197486_09040709.jpg
真ん中辺りに熱海城が見える。すごく幻想的。
b0197486_09050991.jpg
着いたら11時半頃だったので、先に昼食をとる
b0197486_08523850.jpg
テラス席でスパークリングワイン・・あいつは何かと恰好つけたがる。
b0197486_08530905.jpg
b0197486_15040439.jpg
b0197486_15043672.jpg
私の頼んだ定食の前菜
若の頼んだステーキと前菜
b0197486_15052997.jpg
其々が個性が生きていて美味しかった
b0197486_15061625.jpg
私の定食の魚は本日は鮪のかまだった。一瞬、えっ!となる。鮭のステーキとか想像していたし、かまを食べるなんて!昨日の探検バクモンで横浜ラーメン博物館を取り上げていたが、アメリカだったかなでは鮪のかまは捨てるのだそうです。それでそのかまで取っただしをスープにしていると言っていた。和食なら食べますが、フレンチでは驚いた事でした。でも、美味しかったし食べ応えはあった。緑色のソースはかまの汁と春菊だそうです。
b0197486_15063730.jpg
若のステーキにはサラダも付いていた。値段なりの味でした。
b0197486_15070437.jpg
食後の珈琲・・カップの色はちょっと戴けない
b0197486_15055400.jpg
この空の下で珈琲だけなら良いと思うけれど、器も料金の内でしょう・・・
b0197486_15072488.jpg
若がデザートが欲しいと言い出して・・・あいつは紅茶(日本産らしい)
勝又シェフのオー・ミラドウで・・・美術館で食事と言った時「あの高い(値段)処でしょう」若が行きたい理由の一つ。ここの外にある光琳屋敷の食事も結構なお値段ですが・・・私としては駅前の徳造丸が良かった(笑)でも時間の関係で仕方ない。
「お茶飲みたい」こいつは・・・と思いながら光琳屋敷で呈茶を戴く
b0197486_15261513.jpg
いつ来てもほっこりする
b0197486_15263476.jpg
正面は光琳屋敷の茶室
隣接の茶室で
b0197486_15265503.jpg
無花果羊羹。若は干菓子麩煎餅と打ちもの・・この羊羹凄く美味しい・・今月はもう終わりの期間限定みたいです。
b0197486_15271498.jpg
抹茶は裏千家でお願いしました
b0197486_15273269.jpg
ここの茶室の床百尺竿頭坐底人」
b0197486_15275190.jpg
そして点前座。やつれ風炉で中置・・展示が南蛮時代を取り上げているので水指も南蛮煙草絵の細水指か・・会記があったが忘れた。
そしていよいよ展示品を観に行く
b0197486_15075533.jpg
洛中洛外図・・フラッシュを使わなければ写真はOKみたいです。
信長が集めた茶道具が見事です
九十九茄子茶入、初花茶入、新田茶入この三点が並ぶのも見ごたえがありますが、国宝、重文多く展示されている。途中にこの美術館の目玉の一つ、国宝の藤の茶壺があったが、先にこの三点の茶入を見た後は・・・ゴメンナサイ
キリスト教関連桃山時代の塗り物が見事です。天正少年使節が見たヨーロッパも見ごたえがありました。

帰りは熱海から新宿に行く(宇都宮?)特別急行に乗る。早くて便利。
健太を迎えに行く。「健太君良い子だったよ」今回は鳴かなかったらしい。「家より良かったのかも」爆笑。

「今度は健太連れて行きたい」から・・「車欲しい」・・「始まったぞ」・・「レンタで練習積んでから。友達乗せてどこか行って来いよ。私は絶対に乗らない!」(笑)






by higashinuma | 2018-10-11 08:13 | 旅行 | Comments(0)

新年 8 帰国

30年1月13日 土曜日 晴れ 20.6℃ 寒い 富士山は神々しい程朝日に輝いている

昨夜は足の傷が痛み出し良く眠れなかった。すりむき傷なので心配は無い。宗家の初釜で座れるかなと思ったが来週木曜日なので何とかなりそうです。
健太は察しているようで、顔を合わせると困ったような顔をする。呼びかければ尻尾を振って寄って来る。

バンコクも最終日になりました。
繁華街の中にあるスーパーに買い物に行く。昼と夜の差は大きい。
b0197486_08215295.jpg
タニヤの昼は閑散としている
b0197486_08224900.jpg
パッポンは何処の街?と言う感じです。夜はこの道路に4列の屋台が出来る。殆どがコピー商品。この通りの中ほどに「鯖ステーキ」で名を売った日本人店がある。正月にここで食べると雑煮のサービスがある。今年はステーキ店として営業していた。去年は娘さん(タイ語しか話さない・・母親はタイ人?)が親父さんが病気と言っていた。雑煮美味しかったなぁと寄らずに通り過ぎる。
b0197486_08282559.jpg
商品は豊富です。南国のフルーツ
b0197486_08291563.jpg
林檎の最高値段は日本産ふじ。約600円。是だけ良い物だと日本でも高いだろう。
b0197486_08310059.jpg
中国産とかもあります。
b0197486_08314702.jpg
柿も日本産
b0197486_08211713.jpg
野菜売り場に一日是だけの種類を食べましょうと書いてあった
いつも、この店でタイ産の蜂蜜等を買っている。種類が多く品質も良い。「買うの?」「未だ家にあるから買わない」ここでも若の思い通り。
昼食はイサーン料理(タイ東北部)を食べるらしい。
b0197486_08360262.jpg
左はソムタム、右は豚の喉の焼肉、右下はスープですが知らない。
b0197486_08375488.jpg
シーフード炒飯
美味しいんですがね。
b0197486_08390123.jpg
隣の席の子が可愛い・・イタリア人夫婦と暫く歓談・・夫妻もとってもフレンドリー。二歳で漸く喋るようになったとの事。
バンコクの日本店
b0197486_08411412.jpg
b0197486_08413748.jpg
b0197486_08420312.jpg
和食レストラン・・バンコクに何店舗かある・・私は入った事が無い。他にも多い。
b0197486_08430711.jpg
BTSの中に大きな広告
b0197486_08443051.jpg
旧オリエンタルホテル・・世界でトップクラスのマンダリンオリエンタルはここから始まる。海外航海の後チャオプラヤーメナムを遡上して、ここに泊ったらしい。前は記念館のようになって写真などが貼ってあったが今は?多分残すのだろう。
b0197486_08480835.jpg
デザイナーズビル・・確か商業施設・・一見倒れそうですが中心がきちんと押さえられている。
このあと、ホテルからタクシーで空港に向かう・・この運転手凄い遠回りした。・・着いて荷物を降ろし、車のナンバーと運転手のナンバーをメモして、ツーリストポリスに電話しますからと強く抗議・・運転手はメーターで走ったと言うが、確かにそうだけれど、お前は遠回りして来た!・・困ったような顔をしていた・・このくらいしないとこの国は良くならない。多分、今日の昼飯分は充分に余るほどのぼったくりしている。日本円にすれば知れた金額ですが、こういう態度が許せない。通常に走ればチップをやったのに。
b0197486_08500595.jpg
空港でワッフルを食べる。注文後焼くので一味違う。
バンコクスワンナプーム空港からクアラルンプール空港へは夕方便・・僅か一時間ちょっとだけれど夕食が出る
b0197486_08575413.jpg
私の頼んだビーフン。美味しかった。
b0197486_08591377.jpg
若のは何だろう・・カレーみたいに見える
クアラルンプール空港から成田は朝食
b0197486_09004377.jpg
若の分
b0197486_09015322.jpg
オムレツは私の分可もなく不可もなく・・右下のパン(ケーキ?)は美味しかった。

乗り継ぎ便でセキュリティチェック・・ブザーが鳴った。係員がボディチェック。ポケットがガサガサする・・機内で貰ったピーナッツの袋を出したら笑っていた。ちょっと恥ずかしいけれど他の客もピーナッツ出して居た。やってることは同じだ・・食事前の小袋に入ったピーナッツは食べる気に慣れない。

搭乗前に航空機の水はタンクを殆ど洗ってないので雑菌が多いと聞いた。今回は搭乗後すぐ、容器に入れた水を配っていた。う~ん・・喉が渇いていたから飲んだけれど、その事を思い出して複雑・・なので今回は、いつも食後は珈琲を頼んでいたが、紙パックから注ぐジュースを頼んでいた。JALだと小さいペットボトルを配るけれど。マレーシア航空の客室乗務員はバティックのボディピッタリのロングの制服。あれ、本当は巻きスカート風で腰までスリットが入っている。それも巻が浅いので歩くとちょっとエロイ・・見たく無いけど見える。今回の乗務員は肉食系?濃いです(笑)

この便は出発まで多分一時間は遅れた・・日本人が何人か遅れて乗って来た。それでも到着は時間通りだった。乗り継ぎ便が遅れたのか?
去年、帰国した時に到着ロビーでテレビ取材があり、話を聞いていたが、ヨーロッパ旅行で乗り継ぎ便が遅れて、帰国便に1分間に合わなかったが搭乗口がクローズされ、仕方なく一泊延期したと言っているのが聞こえた。

我が家に帰る一番早いのは列車だったらしい。帰宅して荷物を置き、昼食後健太を迎えに行く。飛びつく事も鳴く事もなかったので拍子抜け。散歩に連れて行き、帰って若がシャンプーしていた。その後もずっと良い子だった。多分、寂しかったのだと思う。良い子にしないと置き去りにされるのが身に染みた(笑)

※昨日良かった事・・散歩で小学生が健太に寄って来て撫でてくれた。近くに亀を飼っている居酒屋があり、足の悪い爺が亀に話しかけていた。健太は寄って行って、爺が動いたので、驚いて吠えた・・「小父さんに興味あるみたいだよ」「そうか、このワンちゃんはなんていう種類かい」・・二三言葉を交わす。競輪の場外券を買いに来たらしかった。一目幸福そうには見えない爺でしたが、こうして触れ合う事はとても良い事だと思う。

その後は昨日書いた様に手足の怪我(´;ω;`)



by higashinuma | 2018-01-13 09:19 | 旅行 | Comments(4)

新年 7 観光

30年1月12日 金曜日 晴れ 20.3℃ 寒い日です

昨日は近くの有料公園で限定機関のドッグランが始まり、午後から健太を連れて行く。木立に囲まれているので日差しは温かい。色々な犬種が10頭位集まっている。ここに来る子達は案外フレンドーなので、一緒に遊んでくれる。健太も喜んで駆けっこしている。でも、未だ子犬でちょっかいを出し、しつこいので時に吠えられたりする。去年よりは良くなったが。健太は楽しそうですが私は立ちんぼ。土日だと男の人も来るが他はママ友のような雰囲気。土手に行けば走ったりするので私の為にもなる。期間中通しのパス券があるけれど、一回100円+人様の入園券300円。人様は年間パス券もある。夏の木立の中で本を読んだり(そういう人も結構いる)去年はお茶会もした。
若には買ったらと言われるが迷う。

バンコクの新年2日目は郊外へ行くと言う。バンコクから列車での旅も異国情緒が楽しめる。
b0197486_08514951.jpg
駅まではタクシーで行く。運転手はまさかこんなローカルの駅に行くとは思って無かったようで、BTSの駅の方に行こうとしていた。ホテルでの朝食は付いていないのでセブンイレブンで朝食を調達。タイのコンビニも見慣れない物があり面白い。
b0197486_08545866.jpg
二人分の朝食。バナナ、果汁100%オレンヂジュース(是はいつも買う)、ヨーグルト(明治製)、サンドイッチ、水。
b0197486_08571323.jpg
車掌が検札に来る。この路線は始発から終点まで乗る。
b0197486_08583090.jpg
窓の外はバナナの畑とか南国の景色が楽しめる。
終点で降りて、川を渡し船で渡る・・その後、別の路線の列車に乗る。前回は渡し船で渡ったは良かったが、次の列車の駅を探すのに手間取って、列車は数時間待つ事になり、そこで帰って来た。
渡し船の処に行く間、此処はもう、海に近いので、川から運んで来る海産物の市場が凄い賑わっている。
b0197486_16191972.jpg
こちらは川魚?ナマズ?
b0197486_16202033.jpg
真ん中の白い建物は渡し船乗り場・・バイクなども乗ります
b0197486_16214409.jpg
蟹の山
b0197486_16221306.jpg
カブトガニも
b0197486_16225318.jpg
烏賊の店
b0197486_16232233.jpg
貝の店・・海老の店等色々
b0197486_16255922.jpg
次はこの電車でメークロンと言う終点駅まで行きます。メークロンは大きな市場で観光としては「線路市場」として売り出されています。電車が来ない時は線路にまで店を広げますが、時間になるとテントをたたみ、店を電車が通れるように引っ込める。この素早さが見どころの一つ。
b0197486_16294835.jpg
電車のドアが開いたまま走っています・・日本じゃ考えられないおおらかと言うか・・
b0197486_16305011.jpg
もうすぐメークロン駅です。走行中の電車の窓から・・店も客も電車すれすれ・・以前は市場から見ていましたが、電車からでも怖い感じがする
ここからはミニバン(公共バス)で目指すアンパワー市場へ移動。実は去年はバンコクからここまでミニバンで来て、ここで再度ミニバンに乗り換えたが乗る場所が今一分からなかった。あの子は他人に聞こうとしない。最後は警官に教えて貰った。996番号のミニバンに此処から(交番)乗ると教えてくれた。が、待っても待っても来ないのでタクシーで行く?(ここからはそんなに遠くない)と話しているうちにミニバンが来る。
b0197486_16330290.jpg
アンパワーでは何年目かの「マツコ」の店に昼を食べに行く・・麺は量が少ないので、若の発言でもう一軒寄る。こちらは豚をメインでタイでは初めて食べる味ですが美味しかった。「マツコ」は居なかった。相棒の一人も化粧なしで親父顔で働いていた。
b0197486_16412445.jpg
通りの賑わい
b0197486_16415835.jpg
b0197486_16422128.jpg
b0197486_16423858.jpg
船で調理し川岸の客に提供する
ここからお寺巡りのボートが出ていて賑わっている。タイ人が多い
b0197486_16444471.jpg
b0197486_16451710.jpg
あるお寺で子供が私の前にきて「ワイ」をした。その子は右の帽子を被っている子。多分その子の弟がカメラを構えたら「ワイ」をした。「ワイ」は感謝や尊敬する人への挨拶のようなものでしょうか。手を合わせる位置で意味が変わって来る。
本流に沿って運河があり、それらに沿ってお寺がとても多い。中に動物園ようなお寺がある。タンブンの為なのでしょう。
b0197486_16500290.jpg
゛んこくへ
帰りはミニバンで゛バンコクに戻り、今日の夕食は中華街で食べる・・屋台だのこんな店は本当は行きたくなかったが仕方ない。こういう料理ばかり食べていると胃があれる感じがして、和食の店に行きたかった。
b0197486_16530425.jpg
海老の春雨蒸
b0197486_16533756.jpg
トムヤムクン(クンは海老の事・・この鍋は海鮮だった)
b0197486_16544237.jpg
牡蠣の卵焼き
b0197486_16551520.jpg
空芯菜
・・・この数日間若にはずっと怒っていた。早い話、計画性の無い事に引っ張りまわされるのが嫌なのだ。
例えば、電車に乗って、さっさと先に行き、別の車両に乗って席を取ったらしい。私は乗車口の車両に乗って窓側の良い席を取ったのに全然来ないし、探しても居ない。この車両には乗ってないので、隣の車両に探しに行く。馬鹿な奴だよ・・立ってその場で手を振ればそこに行くのに、来ないからと立って来てしまった。結局ボックス席は無くなり、ドア側の席に。其の上怒っている「俺に着いてくれば良いんだよ」・・冗談じゃない!そこに行くなら行くと先に言えば良いでしょ。まさか違う車両に行くとは思ってもいない。常にこんな具合。胃も疲れているが頭も疲れている(笑)
・・そんな事もあってか、空芯菜以外は私の好物を頼んでくれた。
b0197486_17035108.jpg
中華街の露天
b0197486_17042845.jpg
街の様子・・・夕食の店は中華街でも人気の店でガイドブックなどにも載る。
ごまんとある店になんでいつもいつも同じ店に行くのだろう・・・ヒルトンの近くにも有名な店があって一度は行きたいと思いながら一度も行った事が無い。

明日は帰国の日・・・・

※今日は健太の散歩で野良猫3匹と遊んでいた。と言うか健太は尻尾振っているが猫は背中を上げていたけれど、落ち着いて見つめあっていた。私もしゃがんでいた。そして近所の人が犬の散歩で通りかかり、健太は遊びたくていきなり走り出したため、私はバランス崩して道路に思いっきり転んでしまった。膝が痛い!暫く立てなかった。その人は「大丈夫ですか」と暫く見ていた。ようやく立ち上がって礼を言った。両方の手指は皮が破れて血だらけ。家の近くなので、帰って膝を見たら大きく皮がむけていた。ズボンは破れていない。医者に行って処置して貰おうか迷ったが、この辺りの外科医は知らない。消毒してカット版を貼った。膝は大判二枚。二時間位して今は痛い。
今日の健太はなかなか帰ろうとしなかった。ドッグランへ行きたかったのか?交番の前に差し掛かり、おまわりさんを見上げていたので、しゃがんで撫でてくれた。飛びつきますよ・・洗ったばかりの制服だからなぁ・・健太を引っ張って帰る・・気を付けて帰って下さい・・と言われて間もなくのことだった。

今日、良かった事・・・?
今、野菜が暴騰しています・・豆苗一パック100円売れています(笑)春菊なんか束5~6本で200円位する。白菜丸500円(安売り店)この大雪でますます物価が上がる事でしょう。友好都市の長野から露店が水曜日?駅前販売していますが、野菜が高いですねと言う話になり、長野はこの季節野菜は取れないから、野沢菜とか蕎麦とかと言っていた。私の田舎でも昔は大雪だった。それで、雪の下に白菜とか大根とか埋めて置いて冬の野菜としていた。冷蔵庫では持たないが雪の下なら春まで大丈夫だった。そういう冷蔵庫があれば・・実は地方にあるんですね。でも、業者は便乗値上げで儲けようとする。

庶民のささやかな蓄えを掻きだそうとしている政府・・将来が不安だから、保証が無いから蓄えているのでしょう!それもこんな物価の中で細々と。爪に火は灯さないけれど。景気が良いと言う政府とは考えがやはりズレている。
今朝の報道で原発で支給されるお金で施設を建てたは良いが、原発が休止してお金が入らず建物の維持が出来ないと言っていた。原発を呼び込むのはこの金が目当てと言う事もある。言ってはならないが・・・例の処はそれで潤っていた訳です。

by higashinuma | 2018-01-12 09:04 | 旅行 | Comments(0)

新年 6 ホテル 2 

30年1月11日 木曜日 晴れ 18.8℃ エアコンも入れて無いが指先の冷たさ以外はさほど寒くはない 富士山は真っ白に輝いている

昨日良かった事・・・??、きっと沢山あったと思うけれど気が付かない

さて、バンコクで今年も新年を迎え、元旦の日はホテルを移動すると言う。こういうのはツアー以外では初めての体験。若の考えている事が今一分からない。12時頃にチェックアウト。タクシーでチャオプラヤーメナムの対岸のミレニアムヒルトンに移動する。対岸のホテルも初めて。対岸のホテルは移動が面倒なので泊った事が無い。勿論、どのホテルも主要のBTS駅サファーンタクシンに接続するサトーン船着場まで、夜12時頃まで渡し船を出して居る。
b0197486_07592491.jpg
ホテルの部屋の窓から・・景色は良いです・・写真中央の低いビルがオリエンタルホテル。その奥はシャングリラホテル。右手前の工事中はショッピングモール工事中で高島屋が入るようです。写真に見えないがもう少し右はオリエンタルホテルの高層ビル工事中で今年オープンすると書いてある。左の青いビルはテレビ会社で新国王の写真が眩しい。
b0197486_08190411.jpg
ベッドルーム
b0197486_08193465.jpg
アメニティ・・シャワーと風呂は別に設置・・けれど、前のホテルのトイレはウォシュレットで便座にもヒーターがあったが、ここは普通に・・やはり古いホテルです。
タイで何で暖房便座?・・冷房が効きすぎているので、便座が冷たいのです。勿論、エアコンは調整が効く。
なんだかんだしているうちに、もう昼時間・・・若はビュッフェスタイルの食事が続いてお腹空かないと言うが私は昼もきちんと食べたい。と、言う事で回りの商店街に出てみる。ここは完璧に下町・・何もない・・しかも元旦で休み・・わずかに空いているマーケットのような処で麺を戴く。
b0197486_08260589.jpg
この写真は麺を食べた後です。写真に撮れているのはトッピングの野菜類・・麺は素麺で魚だしとナンプラーかな?見かけより美味しかった。左下はゴーヤ、右下のもやしのように生で食べる。実はこの味は前の家の街にあるレストラン経営のタイ人の知人が裏メニューで作ってくれた事がある。この味を覚えて夏になると、ツナ缶とナンプラーで素麺を食べている。意外と美味しいのです。
隣の店は
b0197486_08305472.jpg
寿司屋でした。タイで寿司と言えばイメージは巻物ですが、此処では握りも売っていた。
b0197486_08321501.jpg
ホテルエントランスの水連・・ヒルトンホテル・・流石に5ツ星なのでこういう処は引けを取らない。
夜もバイキングを予約していた
移動途中のエラワン廟
b0197486_08344376.jpg
中央の女性がタイ舞踊を奉納・・後ろの女性たちが左の生演奏に合わせて踊ります
b0197486_08360727.jpg
ここはいつでも賑わっています・・昨日は中国獅子舞をしていました。
数年前にテロの爆弾騒ぎがありましたが、今は平常に戻っています。パワースポット。
b0197486_08403432.jpg
バイヨークスカイでのバイキングも賑わっています・・いつも混んでいます。最初に行った時は料理の種類も多く、今みたいにツアー客が少なかったので良かったのですが、今は中国人の団体で(´;ω;`)
先ずはステーキから・・わさびで食べる。可もなく不可もなく・・本当は別のホテルでステーキを食べたかったのですが若に完全に無視された・・
b0197486_08440505.jpg
ビュッフェの様子
寿司と刺身も昔は豊富な種類でしたが・・残念・・蕎麦が美味しかった。
b0197486_08453381.jpg
醤油零して汚いですね
b0197486_08461810.jpg
マンゴーと糯米のスナック?タイでは定番のスィーツ・・この店のは美味しかった。
b0197486_08473073.jpg
76階?からの夜景
b0197486_08482695.jpg
帰り道の露天・・日本食の丼店・・面白い丼もあります
b0197486_08494626.jpg
伊勢丹の正月飾り

今日も沢山食べました(笑)・・夜に健太の叫び声で目覚める・・あの子良い子にしているかなぁ・・・

※朝ドラの「わろてんか」で「安来節」を観て何年前?社員旅行で踊った記憶が蘇りました・・パートさん8人位の女踊り・・赤いけだしに襷掛け、お礼は笊だけだよと言って、仕事の終わった後や休日に集まって練習し踊って貰う。旅行企画委員の私と、パートで日本舞踊を習っていた人と男踊りでドジョウ掬い・・受けましたね・・・私の知人に藤間流の舞踊家(ドジョウ掬いはしません(笑))が居て、その後の旅行でも色々教えてもらい、奴さんとか踊りました。若かりし頃の思い出・・旅行企画委員としては場を盛り上げるのが仕事ですからね⇐真面目だったのです(笑)・・どちらかと言うと花柳はお座敷、藤間は舞台かな。叔母も踊りをやっていて教えて貰った事もある。


by higashinuma | 2018-01-11 09:04 | 旅行 | Comments(0)

新年 5 観光 3

30年1月10日 水曜日 晴れ 20.1℃ エアコンもヒーターも無し 午後4時過ぎ 今日のブログ二篇

バンコクで迎える大晦日はカウントダウンクルーズに申し込みしている。去年は王様の喪に服してイベントは何もなかった。そのためソンブーンで食事をした。
朝から休日だけ開店する巨大なマーケット「ウィークエンドマーケット」に行った。若がアフタヌーンティーのおやつを載せる皿が欲しいと言っていたので、買に行こうと言う事になったのだ。ここでは家庭の物は何でも手に入る。それに金魚や蛇等を含めたペットも売っている。日曜日と大晦日が重なり大変な人出・・併設して大きな公園があり公園目的で来る人も居る。
b0197486_16252855.jpg
その前にホテルの温泉をチェック・・午後からはここで過ごす。天然温泉では無さそうです。浴槽は大きなものが3か所とジェットバス、それにサウナが乾燥と湿式の二か所、水風呂。一か所の浴槽に「日本の何とかの湯」と書いていましたが、多分湯の花を入れているのか?。日本のスーパー銭湯の様子です。男の従業員が何人か居て、此処でスリッパ脱いでください等々細かい(* ´艸`)。
b0197486_16315650.jpg
BTSの終点がマーケット・・ここにも何度通った事か(笑)
b0197486_16335364.jpg
b0197486_16342157.jpg
事故があったら絶対に生きて帰られない・・迷路みたいに細かな店が詰まる
b0197486_16360562.jpg
昼食はマーケットで戴く・・手前はパッタイ(タイの焼きそば・・辛さは無いが甘いと酸っぱいが絶妙・・タイの料理教室で作ったがタイの調味料で無いとこの味は難しい)
向うは日本の焼うどんのような物で私は初めて戴いたが美味しかった。右の丼はシーフードのトムヤムクン。この味も初めてですが美味しかった。酸っぱい。
b0197486_16405314.jpg
ここの食堂街で
b0197486_16413127.jpg
巨大な魚もあったが写真に失敗
去年と違っていたのは食堂街が一部まとめてコーナー化していた。ここの店の海老や魚はここで消化する(勿論、調理したものを持ち帰りも出来る)

結局、若が買いたかった物は要らないと言い出し、石鹸などを買って帰る。タイの石鹸は先の王妃の事業推進もあってか、ハーブを使った良質の物が多くある。王室の物は昔一度買った事がある。
それで、一度ホテルに帰り、先程の温泉に入り、休憩してカウントダウンクルーズに出かける。
b0197486_16493059.jpg
この会社の催行は毎日ですが、今日は特別です。「wonderful pearl」・・船に噴水とかエスカレータがある・・と「grand pearl」の船がある。料金は凄い違うが、どちらも乗ったけど、料理とかは余り変わらない気がする。二艘並んで居るので桟橋から手前の噴水を上げている船を抜けて乗船。
b0197486_16544046.jpg
ウェルカムドリンク・・カクテルと水が用意されている。水は無料サービス。「wonderful pearl」の時はお土産があった。どちらも従業員の対応が素晴らしいです。
ビュッフェの料理から
b0197486_16581282.jpg
暗いですが刺身と握寿司・・料理に近い場所でしたが、立ち上がった時には並ばれてしまった。なので、反対側の料理を先に取って来た。これは正解!追加でどんどん出て来るけれど・・寿司も刺身もネタ種類が多く、他の料理もそうですが、本格的に作られている。
デッキ席なので風が気持ちよく景色も楽しめる。
b0197486_17011574.jpg
b0197486_17014288.jpg
王宮
b0197486_17023105.jpg
メモリアルブリッヂ・・船はここを過ぎてUターンする。
b0197486_17032996.jpg
暁の寺
川沿いのホテル街も夜景が楽しめます
b0197486_17050743.jpg
ヒルトン・・元旦からここに移動宿泊
b0197486_17055506.jpg
シェラトン・・前はこのホテルで花火を観る
b0197486_17064184.jpg

高層のオリエンタルホテルと巨大ショッピングモールが対岸に建造中・・ヒルトンからの景色は微妙に
b0197486_17084218.jpg
現在のオリエンタルホテル・・隣り合う屋根が丸い処は何とかホテルで屋上はオープンレストランで今人気の処ですが・・高~・・料金が(笑)
b0197486_17091758.jpg
シャングリラホテル
b0197486_17115379.jpg
下りはこのアジアンテークを過ぎて折り返す。この間はショウやデスコタイム(ロカビリーがあったり古いけど、ラップなどは無いです(笑))が続きます。今年は乗車券の番号で抽選会もありました。大きな熊さんの縫いぐるみが当たりました!
スーツケースの半分は空いているので詰めて持ち帰り。この大きいのは二人だけ。最高はアイパッド
新年のカウントダウンが始まりました。最後まで数えない内に花火が上がる
b0197486_17171773.jpg
b0197486_17180195.jpg
b0197486_17184707.jpg
b0197486_17193262.jpg
b0197486_17201746.jpg
b0197486_17210079.jpg
これ以上、上を向いては危険・・真上に上がる花火です。船が二艘並んで居ますが、そのすぐ向うから上がるのです。目も錯覚しているのか赤い花火の点が黒くなる不思議な現象に遭いました。日本だったら絶対許されない距離です。
その結果が
b0197486_17243760.jpg
テーブルの上の手前の塊(紙)は花火のもの。黒い点々は花火の燃えカス・・新年の乾杯に配ってくれたシャンパンに燃えカスがたっぷり・・ちょっとだけ飲みました(笑)
これだからバンコクはやめられない!
花火終わってこの後が大変です。ぼったくりタクシーしかやってない・・BTSは今日は午前2時までやっているとの事ですが、其処に行く足が無い・・シェラトンホテルの処からずら~と並んでベルボーイの指示に従って乗ったが、ぼったくりは待ち受けタクシーよりやや安くなっただけ。ここで日本人のカップルに遭う。「待っているタクシー乗れば早いけど、正月早々嫌な思い(ぼったくり)したくないから並んで居る」との事でした。バンコクの観光局にこの声が届いて欲しいです。でも、結局、このカップルも運転手と交渉していたからぼったくられていると思う。遅い時間だし仕方ない。結局は泣き寝入り。はぁ~・・・

今日の良かった事・・思い出して・・28日夜から泊まったホテルの水サービスが良かった。普通は冷蔵庫に二本(例えばエビアンとか・・是はホテル値段)、バァー(冷蔵庫の上にポットなどがある場所)に地元産のペット水が二本置いてある・・是はサービスで無くなれば追加してくれる。ところが、最初のホテルは同じホテル仕様のペットボトルが冷蔵庫と無料の両方に置いてあった。是は助かります。同時に四本冷やして使っていました。コンビニで買ってくれば冷たいのが安価で飲めますが。

こうして今年になりました。

by higashinuma | 2018-01-10 17:42 | 旅行 | Comments(0)

新年 4 観光 2

30年1月10日 水曜日 晴れ 18.3℃ 綺麗に晴れています。でも、そろそろエアコン入れないと寒い

一日一回でも良かった事をピックアップしようと思ってはいるが、悪い事にばかり目が行く。インプラントの手術の時に医師に言われた。「悪い事に関しては何倍以上の情報で広まるが、良い事は伝わらない」そうだなぁと納得するけれど、なかなか良い事に気が付かない。私が目につくものは本当に悪い事ばかりなのだろうか?差し詰め今は健太の良い子ぶりだけれど、我が家の息子自慢だったり犬自慢だったりする。それって聞いていても「そうですか良かったね」で留まる。何とか共通で良い事を見つけ出し、共感出来たら良いのに。
昨日は8日のタクシーの運転手の親切な対応を書いた。今までは、スーツケースをトランクに出し入れするのも運転席に座って知らんぷりだったからね。荷物の出し入れは私の仕事じゃありませんの態度には凄く腹が立って居た。
昨日は?やはり健太の散歩で、犬を連れて対向して来る人に私は「大丈夫?」と聞いているが知らんぷりする人も居る。昨日は4人に会って3人は返事を返してくれた。そして二人は健太とその犬の挨拶(鼻と鼻を合わせる)をさせた。だが、その子達は健太より小さいので吠えたり怖がったりする。健太は尻尾を大きく振って吠えられても見ているだけですが。それでも健太は満足している。「大丈夫?」「うちの子は怖がりなので」それだけ返してくれれば、こちらも気分を害しない。昨日は一人そういう人に出会った。それが人だと思うけれど、無視して通り過ぎる人も居る。

話変わってバンコクの12月30日今日はのんびり過ごそうと言う事に・・
若はプールに泳ぎに行く。私は部屋で本読んでいるから・・暫くして「一生のお願いだからプールの処に来て」の電話・・仕方なく読みかけの本(鴨川食堂)持って降りて行く。「鴨川食堂」本当に面白いです。店主「流」さんが作る京料理、良くもまぁこんなに料理の種類があるものかと感心。読んでいても料理が目に浮かぶ。今回、目立つ物は牛肉の竜田揚げ。作ってみようかな・・・それに胡麻豆腐の表面を焼いた物等。
あいつ気遣っているつもり、アイスコーヒー頼んでいた。少し寒い日で水は冷たい。日本人家族が一組と中華系、欧米人の数組しかいない。
b0197486_08185371.jpg
b0197486_08195925.jpg
クレッタ島の帰りの昼?上の写真は定番のタイラーメン(米麺・・麺の太さで名前が変わる。麦の麺もあるが殆どは米の麺)味は鶏だしで薄い塩味。私はこのままが好きですが、粉唐辛子、ナンプラー、砂糖などを自由に入れて食べる。
b0197486_08250737.jpg
マッサージ店のワンちゃん・・可愛い
b0197486_08260741.jpg
オーナーが犬を連れて帰って来て、リードを外したら私の前に来て座り込んだ
b0197486_08281094.jpg
待合室に飾ってあった
b0197486_08285191.jpg
別の日は色違いのRALPH LAURENTシャツ着ていた・・上の置物はこの犬がモデルか・・床が冷たいから張り付いている・・いじられ上手。ぎょろ目で見ている。
タイは何処でも冷房が効きすぎている。でも、此のワンちゃん外から着たまま入って来た。車から降りて来た訳では無い。
ちょっと脱線するが、今は乾季で涼しい季節です。バンコクで30℃になる日は無かった。朝晩は寒さを感じていた。こちらも異常天候と聞いた。雨は降らなかったが降りそうな真っ黒い雲が時々日差しを遮る。

夜は元祖蟹カレーのソンブーン本店に行く。海鮮中華の店でタイで人気がある蟹カレーを初めて出した老舗。
ここに通うのも長くなった。日本人客やタイ人客が多く、他に欧米人が少数。夕食時は毎回、並んで待っている。
b0197486_08410448.jpg
注文は若にお任せ・・・先ずは定番のヤムウンセン・・春雨サラダ・・私の好物
b0197486_08422392.jpg
蛙のから揚げ・・不味くは無いが美味しいとも言えない・・何でこんなもの頼むのだろう?一口食べてもう結構・・あいつも少ししか食べてない
ここで何か言うと喧嘩になる(´;ω;`)
b0197486_08455323.jpg
蟹カレー・・やっぱり美味しいし、嫌いでは無いが蟹を食べるのが面倒・・大きな蟹のぶつ切りですが、面倒じゃないですか(笑)
卵に沁み込んだ蟹の旨味とカレーが絶妙。アサツキも美味しい
b0197486_08484463.jpg
茄子の煮込み
他に魚料理・・丸毎唐揚げした海の白身魚に辛い甘酢が掛けてある・・中国の正月料理鯉の丸揚げと似ているかな・・私の好物
去年は大晦日にここで食べる。

いつまでもダラダラ書いても仕方ないので、午後時間があれば大晦日の様子も書きたいと思う。




by higashinuma | 2018-01-10 09:07 | 旅行 | Comments(0)

新年 3 観光

30年1月7日 日曜日 晴れ 18.1℃ 今朝は富士山が良く見えます。一時真っ白でしたが、其の後雪が解けて、今は真っ白ではない。寒い日が続くのに。

昨日は予約した「花びら餅」を取りに行き、年賀の不足分や月謝袋を買い出し。「花びら餅」はいつものお菓子屋に頼んでいたが、他の店のも味わってみたい。裏千家の初釜で使われる道喜の「花びら餅」は運よく一度だけ戴いた事がありますが、(家族で作るために一日の作る量が決まっているため、それ以上の量だと他のお菓子屋に注文していると聞いた事がある)男子用懐紙に丁度良い大きさ、つまり市販よりも一回り大きい感じがします。そして、非常に柔らかい餅。味噌餡もトロトロで流れ落ちるので、懐紙で包んで戴くようにとの事でした。其の時の感動は忘れない。いつものお菓子屋にも大きく作るように言ってあるが、お菓子屋の頭にある以外の事を注文つけるのは難しい。美味しいし悪くは無いのだけれど、もう少し探求心みたいなところがあれば良いのだが。東京では宮中の御用達は虎屋。これも一度だけ注文した事がある。丁度、昼頃戴く時間なので、注文の時虎屋では当日だけと言われたが、これだと間に合わないので、迷惑はかけませんと言う条件で、前日の午後取りに行き、涼しい処に置いていた。さて当日、泣くに泣けない状況になっていた。つまり、餅なので硬くなっていたのだ。なので味わうまではいってない。初めて食べる生徒も居てちょっと気の毒になった「花びら餅」ってこんななの?だろう。今回のは滋賀県の有名お菓子屋。四日間の賞味期限なので、メーカーが保証している味わいに充分間に合います。明日が楽しみ。

バンコクも何度も行っていると観光と言っても、何処行く?の感じです。勿論、全部知っている訳では無いし、郊外も結構行っているのだが。一人だったら好きに何処でも行くけれど、若が一緒なのであいつに合わせるしかない。今回も二か所行きたい処をリクエストしていたが無視された。結局あいつが行きたいと言う、毎年行っている場所に行くことになる。そこはチャオプラヤーメナムの中州のクレッタ島で陶器とお菓子の島と言われている。一度はガイド付きで行ったので、陶器工場(窯場)とお菓子工場(手内職のような処)に船で回った事がある。・・川なので舟が適当かと思うが船で統一する・・いつも行くのはツアーを離れて自分たちで行くのです。
若がネットで調べて、伊勢丹前から路線バスで行く事にする(去年も)
b0197486_09043745.jpg
バスの中・・このバスはエアコンが効いて快適と言うか寒い。バスのチケットは車掌さんが乗務していて、お金とチケットの入った金属の筒をカシャカシャしながら、乗った人の処へ集金に来る。行く先を告げて料金を支払い、チケットを貰います。殆どの車掌が親切です。が、タイ語しか話しません(笑)知人は旅行で車掌さんが気に入り何度も通って大幅歳の差(多分40才)で結婚しましたが・・・子供二人、戸建購入後、離婚(やっぱりね)気の毒です。
b0197486_09200295.jpg

お昼頃に到着・・いつも食べている地方デパート?のフードコート(屋台よりはランクが上?デパートの食堂の感覚で屋台のような色々な店が入る)
b0197486_09263357.jpg
私は「カオマンガイ」ご飯に蒸した鶏肉が載る。冬瓜スープ付き。前の家の街にある知人のタイ人レストランでは出して居ない。何でも作るのが大変だと言う。私が家で作るのは鶏肉を載せて炊飯器でご飯を炊くが・・・そう簡単では無いらしいし、店で出すのと家庭で出すのは違うのだろう。例えば、いつでも誰にでも暖かいご飯を提供すると言うようなところとか。他の店ではチンして出しているようです。・・去年と同じ店に注文したが去年の方が美味しかったと思う。
b0197486_09321273.jpg
若は「ガパオライス」・・卵は両面焼き・・本当はトロトロの黄身を混ぜて辛いのを中和して食べる。若は半熟が苦手なので、去年はジェスチャーで両面焼いて貰ったらしい・・・あの子は注文したり、支払ったりが好きです。
b0197486_09334585.jpg
彼のスープは「トムヤムガイ」・・「トムヤムクン」「クン」が海老で「ガイ」は鶏肉です。これも定番。辛さを控えて酸っぱい感じが美味しかった。
ここから、島には船で渡ります。到着した処から自転車を借りて島内巡りです。
b0197486_09412286.jpg
自然が一杯・・バナナがなっていたり南国の香りを満喫・・今回は初めて蛇に遭遇・・頭を轢かれて死んでいる奴でした。全身緑色ですが青大将とは違う。頭が三角なので毒蛇の様でした。若は気が付かず通り過ぎた。
b0197486_09442675.jpg
b0197486_09450260.jpg
b0197486_09455088.jpg
昼過ぎなので萎れかかっている
b0197486_09464577.jpg
対岸のモスク
b0197486_09474643.jpg
水上生活の住宅
b0197486_09484607.jpg
犬が多いです・・多くは野良犬ですが、おとなしい・・病気を持って居たりするのでやたらに触らない
健太どうしているかなぁ・・・夢に出て来て、健太の悲鳴で目覚めたりした。
b0197486_10193424.jpg
船で向うの寺院へ戻る時に超長い貨物船(レンガ色の前の塀のようなのが船)が通り過ぎた。こんな長いのは初めて観る。写真に納まらない・・この写真の倍くらい長いです。流石にチャオプラヤーメナム。
バス料金も船料金も凄く安い。お寺から歩いて5分位の処からバス乗り場に・・一路バンコクへ
この日の夜の食事
b0197486_10254828.jpg
飲み物は西瓜とココナッツ
b0197486_10264610.jpg
若は空芯菜を食べたかったようですが、切らしていた。中華野菜・・香港辺りで良く食べられている・・シャキシャキして私は好きです
b0197486_10282937.jpg
牡蠣の卵とじ(卵焼き)この下は生のもやし
b0197486_10295729.jpg
シーフード炒飯・・美味しい!
b0197486_10311038.jpg
蟹カレー風味の海鮮が入ったココナッツ蒸し・・この店の名物の様でした・・美味しい

おまけ
b0197486_10330997.jpg
歓楽街タニヤの夜・・新宿歌舞伎町に居るようです。別にここでは遊んでいませんよ!
b0197486_10351795.jpg
日本にも店を出して居るマンゴーツリーレストランの本店・・私は好きで一人の時は良く来ていましたが若は嫌いだそうです・・生演奏が入る
因みに写真を撮っている場所はしゃぶしゃぶのコカレストラン本店。こちらも日本に出店。その前はラーメン亭でここの五目麺が好きですがタイ料金からするとやや高い。この通りにも和食店が何軒かありますが、店が変わったりで、この3軒だけはしっかり営業しています。



by higashinuma | 2018-01-07 09:20 | 旅行 | Comments(0)

新年 2 ホテルの事

半分くらい書いてドボンに嵌った(´;ω;`)
30年1月6日 金曜日 晴れ 17.5℃ 
昨夜は70歳で亡くなった知人の通夜に参列。私の実家とは宗派が違うので変と言ったら語弊があるが、雰囲気が違う。私の処では「通夜ふるまい」と言うが、こちらは「斎(とき)」と言うようです。初七日まで精進潔斎のために動物性たんぱく質を戴くのだと聞いた事がありますが果たして?・・・こちらの宗派は清めの塩を用いない・・私の師匠のお家もこの宗派と同じで、ご主人のご葬儀の手伝いの時、火葬場から帰り、玄関に塩の用意が無いので、お勝手に塩を貰いに行ったら「塩で清める事はしません」と言われた。先に、ご母堂の時も手伝いに上がったけど、多分、同じ宗派。この時は天皇と宮内省からお供物が届くとの事でお出迎えを頼まれるが、この時は既に届いていた。なので塩の事までは記憶が無かった。今は昔と違い葬儀の後に「精進落とし」をされるようです。

バンコクの二日目
b0197486_10213990.jpg
市中のホテルなので、眺望は悪くないがさして景色が良いとかはない。
b0197486_10221609.jpg
欧米人用の大型バスがあるだけで気持ち良いと思うが、私は結局一度も使っていない
b0197486_10262408.jpg
b0197486_10270936.jpg
私は泳がないが若が泳ぐ・・水は冷たい
b0197486_10283756.jpg
ホテル朝食・・こんなに食べるの!・・そうです。是が楽しみなのじゃ(笑)
右の皿の左側には中華系の料理・・和食もありましたが・・翌日は少し味見。鯖の焼いた物とかありました。味噌汁は美味しかった。
b0197486_11061319.jpg
若の好物「龍眼」・・写真に無いが蜜柑も

この後、いつものクレッタ島に出かける

※このホテルは去年(28年)に開業の未だ新しいホテルで、BTSトンロー駅から徒歩10分?歩くのですが、ホテルの送迎バスが出ているので便利です。これで近ければ問題無し。この街は日本人が多いようで、和食飲食店が多く営業しています。因みにホテルに温泉・スパがあり、温泉(男女別水着不要)に行ったために室内バスは使用しなかった。が、案外日本人客は少なかった。





by higashinuma | 2018-01-06 11:14 | 旅行 | Comments(0)

新年 1 タクシーの事情

30年1月5日 金曜日 曇り 19.9℃ エアコン入れている。昨日も寒かったが今日も寒い朝を迎えました。
本年も宜しくお願いします。てか、自分の日記にそんな風に書くだろうか?

12月27日夕方、健太をホテルに預けて29日朝5時半起床、6時の成田空港行きバスに乗る。約2時間で到着。10時半マレーシア航空でクアラルンプールに向かう。乗り継ぎでバンコク到着5時半頃・・時間は大雑把です。空港からタクシーでバンコク市内ホテルに向かうが、運転手がメーターを使わず、400バーツと言い張る。負けずにメーターを入れてと言う。運転手は自動車道で止めて、別のタクシーを拾い、乗り換えてくれと言う。嫌な雰囲気になったが、乗り換えると、この運転手はメーターで走ってくれた。

バンコクで一番嫌な事はタクシーに乗る事。大凡が足元を見てボッタくる。基本はメーターを使う事になっているが、メーターを入れないで幾らとか言って来る。逆にメーターで走っても遠回りして料金を稼ぐ運転手も居る。
先の運転手は400バーツ(約1200円)と言ってきたが、途中で乗り換えてメーターで走ってくれた運転手はホテルまで200バーツ(600円)しなかった。それで、200バーツを用意していたらお釣りを用意していたので、お釣りは要らないからと言った。こういう人には300バーツ払っても良いと思う。皆が皆そうしてくれたらボッタくりは減るんじゃないかなと思う。若はぼったくりに対して安いんだから良いじゃんと言うけれど、確かに日本に比べたら凄い安いですが、ボッタくるその気持ちが私は許せないのだ。
バンコク政府も何とかすれば良いのにと思うんだけれど、恐らくは運転手の低賃金から目を瞑っているのではと思われる。初乗りで35バーツ(約100円)日本の感覚からは信じられない位安い。因みに日本のフジ林檎があったが350バーツ一個だった。これは輸入品だろう。日本で買っても400円位はするだろう立派なものだった。普通に庶民の昼食は200バーツ(600円)位かな?だからタクシー運賃はかなり安い。聞いた話だと運転手はタクシー会社から車を借りて営業しているのだとか。

トクトクと言う乗物もあるが、是は全て交渉する事になり、解放されているから空気も悪く、昔は使った事もあるが、エアコンの利いたタクシーを選び、今は殆ど使わない。
バスはもっと安いが、路線とかが分からないと乗り難い。バイクタクシーは安全上の問題から使わない。一応、旅行客だからね。まだまだ乗物の種類は多いが、タイ語が分からないとかなり大変です。因みにタクシー運転手も英語が分かる人は少ない。有名ホテルは分かるようですが、以前、シャングリラホテルに行くのにオリエンタルホテルに連れて行かれた。ここは違うと言ってもシャングリラと言い張るので仕方なく降りて、歩いて行った。ここからは数分で行ける距離です。
今回はBTSとチャオプラヤーエキスプレスの接点であるサファーンタクシン(BTS駅)までタクシーに乗ったが、地元の人はサトーン(船乗り場)と言うので分からなかったようだ。自分のイメージだとサトーンは地域を言う広範囲であり思いもつかなかった。それに、中華街から乗ってこの場所に行き船でホテルに帰る予定だった。ところが予定と全く違うコースを通ったので(運賃稼ぎで遠回り)それなら、最初からホテル直行が良かったのです。

帰りにホテルから空港に向かうのも凄い遠回りされた。高速代を入れて450バーツ。行った日に200バーツしていなかったけれど、ホテルが少し遠くなったので300位かなぁと思っていたが・・それで、降りてから運転手に文句言った。運転手はメーターで走ったと言う。貴方は遠回りしたでしょう!タクシーの番号を書いたメモを見せてツーリストポリスに電話しますからと言った。運転手は暗い顔をしていた。

でも、他の人達はどうしているのだろう?

話変わって・・・何でバンコク行くのにマレーシア航空で?若が去年の3月頃?格安券が売り出されたので買ったからと言ったのが始まり。確か往復で3万円?。通常だと繁忙期で12月28日だと少しは安いが9万円位します。直行便で無いのが問題だけれど、料金に是だけの差があると、旅費がとても助かります。

機内食が楽しみ
12月28日昼食
b0197486_09540755.jpg
私の魚飯・・メインは鱈の煮魚。左上の小松菜のお浸しと煮物、茶そばも美味しかった。
b0197486_09563166.jpg
若の鶏肉料理・・イスラム系の客の為かムスラム料理?
b0197486_09581784.jpg
丸い虹・・・飛行機で見る虹の形は面白い。前は縦の虹も観ました。
b0197486_10000720.jpg
昼食後のデザート
b0197486_10013877.jpg
クアラルンプール空港に着きました。マレーシアの離島にも行っているのでここは二度目。
b0197486_10025203.jpg
クアラルンプールからバンコク便の夕食。若のぶんは鶏肉
b0197486_10043183.jpg
私のは魚料理・・フライした魚チップをマレーシア独特のスパイスで煮てある・・美味しかった
b0197486_10062406.jpg
バンコクへ向っています。前に離島に行った辺りの上を飛んでいます。そう言えばマレーシア航空の不明になった海の上空。

到着後、先に書いた様にタクシーでひと悶着があって、漸くホテルに到着。乗り換えた運転手が良い人で良かった。中にはこういう真面目に働いている人も居るのです。
ホテルは「グランデ センター ポイント スクンビット 55 トンロー」
「疲れたーもう寝る!」パタンキュー
何故なら・・成田で預けたスーツケースが届いていない・・空港で調べてクアラルンプールにあると言う。つまり積み込み忘れ。他に一人?も
で、一時間以上も待たされ、ここで日本時間で12時過ぎていた。バンコクとの時差は2時間。因みにマレーシアとは1時間の差です。

※帰国の日に知人からのメールで、茶道でお世話になった方の訃報が届いていた。今日は通夜で若も弔問の予定。乳癌で片方取ったが、移転して両方取ったみたいですが、回復せず・・・12月31日に亡くなったとあった。11月初めにメールで管が取れましたとあったのに・・淡交社から今年の行事案内で円覚寺の四つ頭の式の席主(娘さんと連名)に載っていましたが、去年の春も催され、招待で伺いました。茶箱で四季をテーマに四席を持たれていました。この方のアイデアはいつも面白い。
新年早々ここから始まるのかと複雑。


by higashinuma | 2018-01-05 10:09 | 旅行 | Comments(2)

フライト

29年3月23日 木曜日 薄曇り 18.7℃ エアコン入れようか迷う

健太は5時半にはクンクン鳴いたりガサゴソとサークルの中で騒いでいる。最近はトイレのカバーを外して中のシートを取り出し、散らかしているので気になるが、6時までは我慢して起きない。この頃は私もリビングで寝たりするので、起きてカーテンを開けたりすると、おとなしくお座りしたり、良い子ポーズ(伏せ)をしている。
昨日、昼散歩に連れ出して、土手には撮影の人達が大勢来ていた。終わったらしく片付けをしていたが、下の離れた所から健太をじっと見ていて「可愛いね」と言ってくれた人が居た。「ありがとう」「前にビーグル飼っていたよ」「良かったら撫でてやって」その人は上がって来て撫でてくれた。もう一人寄って来て「可愛いね」と撫でてくれる。健太は大喜び(尻尾の振り方が凄い)で飛びつく。もう一度お礼を言って散歩の続き。昨日はこの二人だけが可愛がってくれた。

若の散歩コースは細かな虫が飛んでいるので、私は土手から住宅街に入る。結構歩いていると思う。
で、昨日、健太はエレベータに乗ったら、ゴロンと横になった。「健太具合悪いの?」ビビりました。どうしたんだろう?家の階に着いたらむっくり起きていつも通り。心配したよ。
帰ってサークル入れてもいつもと同じようにしているので安心した。歩き疲れた?若は抱っこしてやるけれど、9キロになった健太を抱っこは散歩から帰って、玄関を入って足を拭くまでの間だけ。

実は火曜日の夜に若の使っていたホカロンを食いちぎって、中身を少し口に入れた様子。どうしようと気にしていた。水曜日は近くの動物病院は休み。様子を見て、元気だし食欲もあるし、暫く様子を見る事にした。火曜日の夜中は凄い水を飲んでいる。そして、水曜日の朝のうんちは、散歩に行った若が真っ黒で少し緩かったよと言う。胃から血が出ている?ずっと心配だった。
昨日の昼散歩もいつも通り。帰って来て、うんちは少し黒いのも出たが、通常に戻っていた。
漸く安心!

さて、テレビを観ていて、ある番組(何だったか忘れた)お年寄りが、海外旅行に行きたかったとこぼしていた。
私は子供の頃、1959年から始まったTBS系『兼高かおる世界の旅』をとても楽しみに観ていました。これは30年間続いたそうです。何歳頃から観たのかは記憶が無いが、見た事の無い世界へ憧れたものでした。
私の一番最初の海外旅行は、ある洋画のサークルに所属していて、その時の会の企画で、ロンドン・パリを巡る旅行でした。パリ在住のこの会の先輩会員のアバルトに伺って、おにぎりを戴いた事等が蘇る。その後はサンパウロの兄に会いに行った。兄と一緒にイグアスの滝も見学。そして、中国周遊。いつの間にかタイに嵌って、殆ど毎年行っている。バンコクからアンコールワットに飛んで、世界三大仏教遺跡を巡る。ラオスはメコンを渡って小一時間程見学しただけですが、インドシナ半島は全部行った。日本国内旅行に3日位行くなら海外旅行5日間の方が安かったりする。それもあるし、歳を取ったら国内旅行と思うし、何より万一動けなくなったら、思い出の引き出しを開けて楽しめばよいと考えての事。

テレビで観たそのお年寄りの一言が響いた事でした。
数か国語を話す兼高かおるの世界の旅にはとても及ばないがフライトと言う言葉やジェットストリームのナレーションと音楽には惹きつけられるのです。

気分転換我が家飯
b0197486_973736.jpg

春菊をどのように食べようか迷いチヂミを作ってみた・・春菊と桜海老の相性も抜群
b0197486_9115723.jpg

卵とトマト炒め物・・ミントの葉は使い道に(´;ω;`)・・是は一度アップ済
b0197486_9153032.jpg

若の好きなポトフ
b0197486_9143745.jpg

14日の稽古の花・・ボケとクリスマスローズ
23日未だ見頃です
by higashinuma | 2017-03-23 08:43 | 旅行 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる