ブログトップ

つれづれ

カテゴリ:所感( 1123 )

爽やかな朝

30年8月17日 金曜日 晴れ 27.5℃ 夕べはエアコンを入れて寝ていたが、朝5時に健太の起きた音で目覚める。やや寒気を感じてエアコンを切って窓を開ける。涼しい空気が部屋を流れる。東風。未だ早いしウトウトするが健太は早く起きてと言わんばかりに一人遊びでボール遊び。煩いなぁ・・「健太煩いよ!」と言えば暫くは大人しくしてくれるがこの気温では寝過ごしそうだし、そのままウトウトしている。ストレッチの中で目が覚めるポーズと眠くなるポーズがある。それが面白いと思う。体幹を動かしてそんな事があるんだと体の不思議を感ずる。テレビでは目覚めのポーズを見た事があるが、眠くなると言うのは聞いたのは足首の運動だけかなぁ?今、言っているポーズは違う。本当に眠くなるのかどうかは今度他の人に試して貰ってからにしよう。
6時過ぎに起床。リビングの大きい窓のカーテンを開ける。報道でも言っているように秋の気配の空気が漂っている。富士山も見えている。大気が澄んでいるようだ。富士山見ていたらこんな日は箱根も良いだろうなぁと思う・・若が午後から銀ブラと銀座飯を予定しているようだ。

昨日は健太の夕方散歩でエントランスを出たら近所の犬友が待っていた。一緒に前に良く行っていた犬広場に行く。友達犬が来ていたが、慣れあうものの前のように取っ組み合いはしない。犬も気分次第なのだろう。帰り道に家に電気が点いているのが見えた。若が帰って来たのだ。帰りはその犬友は斜向かいのマンションなんですが、我が家の前まで付き合ってくれた。

昨夜のおかずは白ゴーヤを戴いたのでゴーヤーチャンプルーを作る予定だった。シンガポールライス(タイではカオマンガイ)は出かける前に炊飯器を入れていたので、帰ったら出来ていた。予定より30分も遅くなったのでゴーヤーチャンプルーは明日にし、あるもので晩飯。
b0197486_09462895.jpg
一昨日にパクチーサラダを食べたばかりなのに、パクチーは久しぶりのようで懐かしい味。肉用のソースも作らずそのまま戴く。あっさりしてそれはそれで美味しい。
鶏は霧島地鶏でしたが・・・安い鶏肉でも味はさほど変わらないかも・・
他にサラダとか枝豆とか・・若が外で食べようというので面倒くさい奴と思いながら付き合う。ビールが良く合う。

今日も夜は涼しくなる予報。朝晩の涼しいのは助かります。

by higashinuma | 2018-08-17 10:04 | 所感 | Comments(0)

弔旗

30年8月16日 木曜日 雲の多い晴れ 午後2時過ぎ 30.2℃ 風が強く、いつもよりは涼しいので窓を開けているが今からエアコン入れる。風が強いので健太の毛が其処ら中に散っている。・・ショップの店長にビーグルは抜け毛が少ないと言われたけれど、あれは絶対方便だ。半端ない抜け毛だ。朝晩、サークル周りに掃除機をかけるがいつでも大量に抜けている。(サークルの中は朝だけ)昨日も風が強かった。晩飯の時、作り立ての料理をテーブルに持って行き、いざ食べようとしたら、若が健太の毛が付いていると摘まみ上げた。これで二度目だ。お客さんの時は特に気を付けねば。

昨日はバスで私立大学病院の前を通った。祭日でも無いのに国旗が掲揚されている。門と言う処は無いが敷地に入る両側に大きな国旗が揚げられている。何か変だなと思ったのは旗竿の金の処が黒で覆われ、その下に黒の帯が国旗の横長さと同じだけ靡いている。えっ!この病院の誰かお偉いさんが亡くなった?等と思いながら見過ごした。
帰宅して、その病院の検索をしても何も無い。何かあれば訃報が出ている筈。
暫くして気が付いた。そうだ、今日は(昨日の事)終戦記念日で弔旗を出しているのだ。前の家のある街の市役所前も通ったが、国旗の掲揚は気が付いていない。

祭日では国旗を掲げる家もあるけれど、終戦記念日では見た事が無かった。多分、昭和天皇崩御の時は掲げた家もあったのだと思うが記憶にない。多分、半旗(竿の先の金の処まで上げない)は海外報道でも見た事はある。弔旗は日本独特のものでは無いかと思われます。
さて、我が家に国旗はあるの?何かのイベントで道路で旗を振るように戴いた日の丸は二本どこかにある筈。日本の家庭ではどれくらいの家が国旗を持って居るだろう。
今日の報道でどこの国のばぁちゃんか分からないが日本語で「〽あぁ美しい日本の旗は」と唄っていた。戦時中日本の統治下で覚えたらしい。確かに私も日本の旗はシンプルで美しいと思う。国際大会の表彰式で国旗が掲揚されるとやっぱりうれしいが、それに対する思い入れは・・・残念ながら殆ど無いかも知れない。
海外では良く暴動が起き、敵対する国の国旗を燃やして踏みつけたりしているのを幾度も観たが国のシンボルであれば、それくらいの思いがあって然るべきと思うが、平和ボケしているようです。

我が家飯から
b0197486_08303449.jpg
もやしと胡瓜の中華風・・簡単旨い
b0197486_08312276.jpg
鶏のイタリアンで、美味しかったがレシピ忘れた
b0197486_08322072.jpg
鰯のカレー風味揚げとそれのソース。本当はもっとターメリックの色になる筈でしたが粉が無かった。
b0197486_08330451.jpg
中華屋で食べて美味しかったので再現した中華料理。本当はピーマンが入る。「地三鮮」と言うらしい。最近このメニューがリピートしている。
b0197486_08353337.jpg
冷奴・・山形の「だし」をトッピングして戴く。シャリシャリ感が旨い。売っている時と売ってない時がある。この季節はずっと入荷すれば良いのに・・

毎日のメニューは泣きたいものがある・・かと言って、週刊メニューで決めると高い物になったりする。主夫も大変なのです(笑)
安くて栄養も有簡単レシピでしかも見栄えがするもの・・・スーパーの弁当なら500円前後で買えますね・・それじゃちょっと可哀そうです。
我が家の最大のイベントは花火大会。今年は10月に決定。去年は雨で流れたが、食事会は開いた・・・あいつは見栄え中心だからね(泣)蟹とか刺身は見栄えは良いが、金さえ出せばいつだって食べられるのに。去年のメインはパエリア・・今年はおにぎりにしたいんだけど・・嫌な顔・・おにぎりでも見栄えが良くて懐石でも出せるような物だけど。無言。まぁ、何人来るかで決めよう・・・。


by higashinuma | 2018-08-16 15:16 | 所感 | Comments(0)

お盆

30年8月13日 月曜日 晴れ 27.1℃ 蒸し暑い

今日は御精霊をお迎えする日です。田舎にいる頃この日は、墓の掃除に行き、早朝から餅を搗いていました。仏壇に干菓子で作られた西瓜、桃、ホウズキ等の下げ菓子を飾るのは私の担当。仏壇の前には机を置いて、胡瓜の馬、茄子の牛を飾る。仏壇横の鴨居には仏教に関した掛軸、蓮の花弁に載った観音様の絵等数本を掛けて、搗きたての餅を蓮の葉に載せた物、茄子と胡瓜の刻んだ水物をやはり蓮の葉に載せ、餡餅と菜の載ったお膳二組等を供えるのでした。大きな花瓶二個を倉から出して禊萩、菊等花を供える。西瓜やメロンなども供えていました。
やがて朝ごはんで仏壇や神棚にお参り(毎日の事だけれど)し、朝から餡餅を戴くのでした。甘い物が嫌いでは無かったので私はとろりとした漉し餡を掛けた餅は美味しかった。偶々、或る年に師匠と稽古仲間の一人で生家に行った時はこの日だったので、一緒に朝ご飯で戴いたけれど、ずっと後までの語り草でした。普段の生活で朝から餡餅食べる事は無いですからね。その内に檀家寺の和尚さんが経を上げに来られる。昼は何を戴いたか覚えていない。昼寝をして三時頃に、次兄夫婦が来られて、そろそろ墓参りと言う訳です。墓地はお寺とは関係ない場所で集落の共同墓地になり、三々五々近隣の人がお墓参りに来る。此の時は懐かしい人に会ったりする。水、線香、蝋燭、花、蓮の葉に載せた餅、お菓子などを其々手分けして持って行くのです。その後はお寺にも檀家の小さな仏壇がずらりと並ぶ処にお参りし、方丈に伺って、茶菓子を戴き世間話などをするのでした。夜は何を戴いたとかは記憶にない。東京に出て来て、帰れば甥等も来ていて、宴席となりましたが・・・・
このお盆の休みの間は親戚同士で家に招きあうのでした。今は仕出し屋でお膳まで運んでくれるので、主婦も随分楽だと思いますが、昔は家で手作りしていました。朝から倉を開けて、お膳、皿等を出すところから始まり・・この頃は祖母が仕切っていたので、料理メニュー等は毎年変わりなく作っていたのだと思う。この季節に庄内浜で上がる口細鰈等が美味しい。⇐でも7月8月は禁漁になるようで記憶違いかも知れない。それから「糸瓜へちま」と青紫蘇(大葉)の炒め物も美味しい。東京で是を作ろうと思い、まさか糸瓜とは知らなかったので冬瓜と思い、同じように調理したがあの柔らかさは作れなかった。次兄の奥さんに訊いたところ「あれは糸瓜だよ」と言う。ネットでも糸瓜を食べるのは沖縄とごく一部の地域のようです。東京でも食材として売っているのを見た事が無い。
夜は盆踊りがあったりする。この時期になると海は土用波が立つので海水浴などは行かない。
15日になれば仏壇の飾りもすっかり片づけて送り火を焚く。玄関前から先祖を送り出すのです。この日に特別な行事は無かったような気がする。
記憶はどんどん消し去られていきます。墓参りなどの習慣は残りますが、食べるものなどはその家の主婦の裁量で変わるし、子供たちの好き嫌いも生じて来る。時代の流れだから仕方ない。それでも、昔こんな食べ物があったよなんて伝えて行けたらと思う。

我が家飯から
b0197486_10090169.jpg
ローストビーフ・・一人前・・私は山葵醤油で
b0197486_10100566.jpg
茄子揚げ煮・・昔から食べているこういうのも美味しい
b0197486_10112212.jpg
冷汁・・今回は茗荷と竹輪、胡瓜、昆布





by higashinuma | 2018-08-13 09:27 | 所感 | Comments(0)

お盆

30年8月13日 月曜日 晴れ 27.1℃ 蒸し暑い

今日は御精霊をお迎えする日です。田舎にいる頃この日は、墓の掃除に行き、早朝から餅を搗いていました。仏壇に干菓子で作られた西瓜、桃、ホウズキ等の下げ菓子を飾るのは私の担当。仏壇の前には机を置いて、胡瓜の馬、茄子の牛を飾る。仏壇横の鴨居には仏教に関した掛軸、蓮の花弁に載った観音様の絵等数本を掛けて、搗きたての餅を蓮の葉に載せた物、茄子と胡瓜の刻んだ水物をやはり蓮の葉に載せ、餡餅と菜の載ったお膳二組等を供えるのでした。大きな花瓶二個を倉から出して禊萩、菊等花を供える。西瓜やメロンなども供えていました。
やがて朝ごはんで仏壇や神棚にお参り(毎日の事だけれど)し、朝から餡餅を戴くのでした。甘い物が嫌いでは無かったので私はとろりとした漉し餡を掛けた餅は美味しかった。偶々、或る年に師匠と稽古仲間の一人で生家に行った時はこの日だったので、一緒に朝ご飯で戴いたけれど、ずっと後までの語り草でした。普段の生活で朝から餡餅食べる事は無いですからね。その内に檀家寺の和尚さんが経を上げに来られる。昼は何を戴いたか覚えていない。昼寝をして三時頃に、次兄夫婦が来られて、そろそろ墓参りと言う訳です。墓地はお寺とは関係ない場所で集落の共同墓地になり、三々五々近隣の人がお墓参りに来る。此の時は懐かしい人に会ったりする。水、線香、蝋燭、花、蓮の葉に載せた餅、お菓子などを其々手分けして持って行くのです。その後はお寺にも檀家の小さな仏壇がずらりと並ぶ処にお参りし、方丈に伺って、茶菓子を戴き世間話などをするのでした。夜は何を戴いたとかは記憶にない。東京に出て来て、帰れば甥等も来ていて、宴席となりましたが・・・・
このお盆の休みの間は親戚同士で家に招きあうのでした。今は仕出し屋でお膳まで運んでくれるので、主婦も随分楽だと思いますが、昔は家で手作りしていました。朝から倉を開けて、お膳、皿等を出すところから始まり・・この頃は祖母が仕切っていたので、料理メニュー等は毎年変わりなく作っていたのだと思う。この季節に庄内浜で上がる口細鰈等が美味しい。⇐でも7月8月は禁漁になるようで記憶違いかも知れない。それから「糸瓜へちま」と青紫蘇(大葉)の炒め物も美味しい。東京で是を作ろうと思い、まさか糸瓜とは知らなかったので冬瓜と思い、同じように調理したがあの柔らかさは作れなかった。次兄の奥さんに訊いたところ「あれは糸瓜だよ」と言う。ネットでも糸瓜を食べるのは沖縄とごく一部の地域のようです。東京でも食材として売っているのを見た事が無い。
夜は盆踊りがあったりする。この時期になると海は土用波が立つので海水浴などは行かない。
15日になれば仏壇の飾りもすっかり片づけて送り火を焚く。玄関前から先祖を送り出すのです。この日に特別な行事は無かったような気がする。
記憶はどんどん消し去られていきます。墓参りなどの習慣は残りますが、食べるものなどはその家の主婦の裁量で変わるし、子供たちの好き嫌いも生じて来る。時代の流れだから仕方ない。それでも、昔こんな食べ物があったよなんて伝えて行けたらと思う。

かきかけ




by higashinuma | 2018-08-13 09:27 | 所感 | Comments(0)

花火

30年8月12日 日曜日 曇り 29.3℃ もうすぐ9時 起床時からエアコンは止めていたが蒸し暑くて今エアコンを入れたばかり。

健太の寝ている姿を見て、人間も同じだなと思う事。多分人間を含めた四つ足動物はみな同じだと思う。私は多くの人と同じに横向きで寝る事が多い・・仰向いてそのまま寝ている人ってどれくらい居るだろうか・・胃カメラの時等確か左下に横向きになるので、その向きが良いのだと寝入りは左下向きですが、寝返りが多いようで右に向いて起きる時もある。それで、気が付いた事は両手両足の位置。例えば左下向きだと左手左足が近い方で右手右足が遠い方に曲げている。決して歩く時のように右手前の時右足前にはならない。動物が走る姿です。健太もそのように寝ている。
b0197486_09111077.jpg
こんな感じです。此の子は目を開けて寝ているので眠っているのか分からない時もある。そっと覗いてみると目玉が動いてこちらを見ていたりする。
タイには野良犬か飼い犬か分からないのが沢山いる。特にお寺の境内は野良犬だろう。そして、こんな風に寝ている事が多い。

さて、昨日は若に誘われて「東京花火大祭2018」に行った。
12時半新宿から観光バス3台に分乗。一台が30人前後で他に千葉や横浜からも出ていると言う。久しぶりに都内を観光バスに乗って見学。
先ずは昼食バイキング会場へ。目指すは東武ホテルレバント東京。なんと錦糸町にある。近くになるにつれ若が来たことあるよと言う。確かに。お茶の生徒にヴァイオリンであるオーケストラに所属していて、墨田コンサートホール(すみだトリフォニーホール)での公演を観に行ったその会場の続きでした。途中で夏祭りの御神輿に出会ったり、水天宮もこの前日本橋劇場に行ったばかりで懐かしかった。
食事はスーパーダイニングヴェルデュール。超巨大なフロアで料理数も多くビュッフェスタイルは嬉しい。主に洋風ですが和系もあり、楽しめました。面白いのは「塩ちゃんこ鍋」流石に領国も近いですからね。美味しかった。デザート系も多かったが、この日はかき氷だけ戴く。パエリアは我が家の勝!アクアパッツァも微妙ですが、私は美味しかった。誰?欲張って皿一杯取ったのに、半分も食べずに要らない・・ビュッフェでは最悪のお客さんですね(笑)食べるに夢中で写真は無い。と言うのは出発時間に遅れた人が居て待っていた。「電車が遅れた」らしいが「電車に遅れた」の間違いだろう。ギリギリじゃ行かないよ普通。余裕持って出かけるでしょう。
時々飛行機でも遅れて乗って来る人が居ますが、観光バスではもっと他の客の注目を浴びる。二十代後半?女子二人でしたが・・可哀そうに指定席は一番奥・・私だったら・・遅れないけれど・・「すみません」とか言いながら席に行くだろうなぁと思った・・それで、昼食は1時半近かった。
動けない~腹いっぱい・・でも大丈夫です。又、バスに乗って移動。浜離宮の見学だそうです。でも、ここからは近いんですね。浜離宮は浜松町が近いと思っていたが、筑地も直ぐなんですね。全くイメージ出来ませんでした。
行く前は暑いし何度も行っているし・・ブツブツ・・・でも、曇り空でポツリポツリと降っていたので、暑いのは避けられたが、中は松にぐるりと囲われて風が通らない。
b0197486_09491769.jpg
黄花コスモスが見頃と言うけれど私は余り好きではない。それに前の家の方の側道に見事に咲いているのです。
b0197486_09520523.jpg
和と洋の融合?日本人より白人系の外国人が多かった。茶室では抹茶の呈茶をしていました。饅頭付き500円+?上生菓子で700円+?暑いし満腹だし、外国人が多いし、和服のお姉さんがお茶点てるじゃなし(作務衣のおばはんがきっつい顔して呈茶に働いていました)・・パス
移動中に本降りの雨でした。
次は日比谷ミッドタウン。3月にオープンと聞いた・・赤坂に慣れている人は何と狭くて・・となるだろう。新しいので人が多いと言う事もあるだろう。まっすぐ地下のフードホールに行く。晩飯の仕込みです。ケータリングの弁当などは無かった気がする。赤坂の昼時はレストランで弁当出していたり、地下はコンマイ店がこぞって弁当を売っている。今回の花火の客が全員其処に行くので、並ぶのが嫌だったから速攻で行って、買ってから上階のフロアを見る事に・・若は不満そう
で、ネットで観た評判のミートボール弁当を買いに行く(ケータリングはここしかない?)弁当とミートボールドッグの二種類。弁当を選ぶ。若は要らないと言う。何で?
時々変な奴になるのです。「絶対に分けないから」弁当の6分目はバターライスとマッシュポテトを半分ずつ詰めてミートボール三個。4分目に野菜サラダとピクルス。
で1050円の表示で会計(五千円札と50円出した)したら消費税が要るのでした。三千円と小銭を渡された。しかも、レジにお釣りが無く待たされた。じゃ、会計する時に言えば良いじゃん!若い女子でハーフっぽい子も働いていたから、そういう気遣いは出来ないのだろう。こういうのは不便だから止めてよ!でも、消費税が上がる予定があるので、その時はメニュー、チラシ等が全部作り替えになるから?
花火観ながらと言うか上がる前に食べましたが評判通りに美味しかった。若も横から手出している。可哀そうだから食べさせたけど、素直じゃないんだなこれが。
此処での滞在時間をたっぷりとっていたので、店をぶらぶらするが疲れる~。座りたい!アイスコーヒー600円馬鹿にしている・・・外は晴れていたので出てみるが、一軒ある喫茶店はずらり並んで居る。この辺り喫茶店はないですね。仕方なくミッドタウンの別棟の一階の茶店に入る。同じツアーの女子がお喋り中。考えている事同じだ。

夕焼けになって来た。愈々日の出桟橋に移動。
b0197486_10223498.jpg
御座船安宅丸・・これに乗る訳では無い。上も下も東京都観光汽船の所有。下の船は隅田川遊覧で乗っているかも・・
b0197486_10043235.jpg
ジュピリーが我々の乗る舟。定員300名。屋根に窓がある。デッキは狭いので、乗ってきたバス毎に時間でデッキに出ると言う。それも15分間ずつ・・
打ち上げは7時10分実際には15分過ぎていた。8時半まで12000発。最初は見えない側でしたが、船が旋回してくれたので楽しむことが出来ました。
場所はお台場海浜公園の三か所でこちらで海老蔵の新作舞踊も花火に合わせて行われているらしい。其の名も玉屋清吉(実は石川五右衛門)向島にある花火師玉屋の打ち上げ花火と共演との事でした
1659年創業の鍵屋の番頭、清吉(玉屋市兵衛)が玉屋を1808年に創業。呼んでいる本に、加賀鳶(加賀藩お抱えの大名火消し)が主人公ですが、花火工房が火事になった話です。工房に付け火で大火になりますが、史実にでも玉屋から出火し江戸の大半が焼け、市兵衛は所払いになる。
玉屋でも鍵屋でも楽しめれば良いですが・・色々と深い物がある。
b0197486_10311199.jpg
レインボーブリッジの近く
b0197486_10322714.jpg
b0197486_10314986.jpg
b0197486_10334796.jpg
b0197486_10330981.jpg
b0197486_10350758.jpg
b0197486_10342806.jpg
中々見ごたえのある花火大会でした。若よありがとう!
ふと、戦時中の事を思う。戦火が飛び交うとか焼夷弾とか・・・実際に戦争体験のある人たちはどのように見ているのだろうか・・・

帰宅したら22時少し過ぎていました。健太は吠える「どこ行った!」「腹減った!」興奮する健太を若が散歩に連れ出しました。出かける前には少し食べさせたが・・










by higashinuma | 2018-08-12 11:04 | 所感 | Comments(0)

スッキリ

30年8月11日 土曜日 晴れ 26.8℃ 朝一度エアコン切って再度入れる。台風13号の時には暫くエアコン入れて無かったが暑さが戻ってまたまた24時間、正確には23時間かなエアコン入れっぱなしです。一か月半位?もこの生活は生まれて初めてかも。乾燥するし、喉が痛くなるし・・快適に過ごす方法があったら教えて貰いたいです。リビングには観葉植物の大きい鉢が二個と瓶に水耕で育てている観葉植物もあるのですが、それだけではカバーしきれない。
「今日は東京湾の花火大会観に行くから」突然こうだから・・何でも午後からホテルのバイキング、そして都内の観光、夕方から船に乗って花火を観るのだそうだ。「午後から雨予報だよ」「大丈夫だから」ん、確かに幕張に千葉市の花火を観に行った時も雨予報だったが、帰るまで一滴も無かった。今回は最悪花火が中止の場合は東京湾クルーズだそうだ。・・幕張に行った時も案外至近距離で観られたが、バンコクの船上から頭上で炸裂する花火には勝てないと言ったので、それもあったのかなぁ・・・
「日本好き外国人ばかり取り上げても仕方ない」
ネットを見ていたらドイツ在住の日本人フリーターレポートがあった。過日、日本とドイツのハーフでドイツ国営放送の記者が10代で茶道を習っている人の日常を取材したいと話があった。結果的には中止になったが、ちょっとしたハプニングがあり、せっかくだから稽古場でお茶を差し上げた。(前記事アップ済)
ハーフではあるがドイツ在住のドイツ人と日本人でドイツ在住の方と考えている事がほぼ一致している事に興味があった。「日本好き外国人云々」は報道番組を観ていて、そういう番組ばかり多い事に疑念を提起しているのでしたが、私もかねがね疑問を抱いていたので、この記事や取材に来られた記者の話を伺ってスッキリしたと言う事。
海外からの旅行客集客に政府がやっきになっている事は分かるのですが、受け入れの体制はどうなんだろうか。後を絶たない民泊の違法営業等も問題がある。最近、この街でも主に韓国人?らしき人が大きなスーツケースを引っ張って地図を頼りに歩いているのを多く見かける。そして、道を訊かれた事もあった。一様に同じ方向なのですが、そちらにはホテルや旅館は無いから、恐らく民泊をしている処があるのだろうと推測する。

そのレポートには日本人とドイツ人の旅行の内容が違う事も書いてあった。私の友達に、其処に行ったと言うだけで満足すると言う人が居て、初めて一緒に旅行して驚いた事でした。ある山に行ったのですが、着いて写真撮ってお終い。私はどちらかと言うとそこの名物料理は何、そこには他に何がある等々調べて行くタイプでそれを食べて、それに触れてというのが旅行だとずっと思っていて、そうしてきました。海外旅行は相手に気を遣う事が煩わしいので一人で行く事が殆どでした。そのレポートに沿って極端に言えば私はドイツ人タイプでその友達は日本人タイプと言う事です。

話変わってスッキリしない部分もある。多くの外国人が日本にやって来る事を否定はしないが、それによって日本人のマナーが低下する事は無いだろうかと言う事。それを言ったら失礼だよと言われそうですが、我が道を行くと言う彼の国の人も居ます。やたら道路に唾を吐く、大声で何処其処かまわず話す、注意は守らない等々全ての人がと言う訳では無いですが、それらに慣れてしまうのは良い事では無いです。
箱根登山鉄道に乗った時の西洋人東洋人構わず大声で話すのは閉口しました。日本人はあんなに大声で話していなかったが、今じゃ車内放送も聞きづらい程の大声で話している。

慎ましく礼儀正しい日本人はどうなって行くのだろう・・・もりかけ問題の総理筆頭に日大問題、医科大学、レスリング協会等、ボスになればなるほど質が落ちて行く。
スッキリはしないですね(笑)

我が家飯から
b0197486_09164803.jpg
茄子の挽肉炒め・・茄子は美味しいですね
b0197486_09180851.jpg
鮭のザンギ・・北海道の番組を見ていて知った言葉「ザンギ」下味を付けて揚げた鶏肉をザンギと言うらしいが魚介でもそういうらしい。昨日の晩飯で食べる予定で漬け込んだので丸一日着けてあったが、やや塩辛いものの美味しかった。オランダ揚げは里芋等を煮て揚げた長崎の料理。色々と工夫が面白い。
b0197486_09225837.jpg
最近お気に入りは「チョレギサラダ」牛角のキムチも美味しいがチョレギソースも気に入っている。チョレギって?ずっと韓国のサラダと思っていた。でも、本場には無いそうで、浅漬けキムチをそれに近い言葉で言う慶尚道辺りの方言らしい。日本独特のものでエバラ焼肉のたれで開発した商品との事。こちらのは知らないが牛角のキムチは美味しいからこのソースを見つけた時思わず買った。日本の焼肉店では千切った野菜に韓国の刻み海苔を載せてこのソースをかけているようです。


by higashinuma | 2018-08-11 09:29 | 所感 | Comments(0)

掃除

30年8月10日 金曜日 晴れ午後は雨の予報も27.1℃

昨日の晩飯は若が懇親会があるので晩飯要らないと5時近くに電話があった。この時点で、此の前美味しかった鮭のザンギを作ろうと下味を付け終えた所でした。「分かった」自分で弁当買いに行けばよいと思った。下味は明日までだとちょっと塩辛くなるかも知れないが、量も多いので作っても食べきれないし、油で揚げたら明日食べるのは酸化がすすむ。そのまま冷蔵庫に入れる。夕方は風が気持ち良かったので「健太散歩行くよ」久しぶりの夕方散歩。尻尾振っている。
最近覚えた玄関先での「抱っこ」と言うと両手(前足)を上げて抱きつく。対面になるので顔を舐めたがるが「駄目!」と言うと横向いている。一時間ほど散歩して帰ると、若から電話「今から帰るから弁当買ってゆく」との事。乗換駅のデパートに案外充実した弁当コーナーがあるので、彼は買い物好きだからこういう時は率先して買って来る。
待っている間、お腹空いて、枝豆茹でたり、冷奴食べたり、キムチ摘まんだり・・みんな一杯やるつまみをチビチビ食べていた。
帰ってきて8時近く・・途中下車して彼の好物の西瓜とメロンも買って来ていた。それから一緒に家飲み。私は弁当も戴く。
さて、片づける時、流しや冷蔵庫に運んで居たら、キムチの蓋が外れて落ちた。そして、結構遠くまで散って、白い壁にも跳ねる。見事に赤いキムチが付いている。蓋がキチンと閉まって無かったのだ。ティッシュと濡れティッシュで丁寧に拭き取るが、赤い染みが取れない。買って遭った重曹で拭いても取れなかった。最後の手段キッチンハイターのスプレータイプを吹き付けたら、跡かたなく綺麗になった。凄い洗浄力だ。

つい先日は冷蔵庫を開けた瞬間にヨーグルト容器が落ちてきた。冷蔵庫や床がヨーグルトまみれになった。この掃除も結構大変でした。色が付かないので最後は雑巾を洗いながら拭き取った。

二つの事件から最近は掃除と言う掃除していないなぁと反省。健太の毛が散るので、毎晩、掃除機は掛けているのですが・・・・

ワイシャツ等の襟の汚れは洗濯しても落ちない。それで、そのスプレイを吹き付けるが、或る時、吹き付けた瞬時にその部分がピンク色に変わった。これは、テレビでも紹介されていた。人間の垢とスプレーの成分が反応すると言っていた。このピンク色を落とすには何が良いか分からない。下手するとピンクから黄色になってそれもなかなか落ちない。

我が家飯から
b0197486_09283383.jpg
茄子とジャガイモ、ピーマンのオイスター炒め煮・・美味しいです。我が家定番
b0197486_14371404.jpg
こげが焼肉・・味付けで砂糖が入っているので焦げが出来たが美味しかった。


exciteの写真機能がおかしくなっている


by higashinuma | 2018-08-10 09:30 | 所感 | Comments(0)

人と人

30年8月9日 木曜日 曇り 28.6℃ 蒸し暑いのでエアコンを入れて寝ていたが、明け方寒くなって止めて、窓を開けて寝た。風が気持ち良い。この辺りは台風の影響もなかった。箱根や大山辺りは綺麗に見えている。雲の流れは大凡、西から東に流れるのに、昨日は逆でした。富士山の方向に雲が流れる事もあるんだと暫く眺めた事でした。
今日も随分雲が厚いけれど降るのだろうか・・又、あの暑さが戻る予報。ご免被りたい。でも、例年でも10月になっても暑いから先が思いやられる。

あるスーパーでレジを打っている男の人が居る。それは珍しい事ではない。大学生のアルバイトとか結構いますからね。ただ、この人はどう見ても学生ではない。30代半ばと言う処か。で、要領が悪くレジが遅いのです。今までの経験では多くは男の人の方が早いですが・・・。先日、レジが空いている時間でしたが、いつものレジのおばちゃんが一篭分を打てば終わりと言う感じだったので、そちらに並んだ。その男の人のレジには誰も並んで居なかった。そして、後ろを向いて「良かったらこちらでやりましょうか」と言われた。「もうすぐだからいいです」悪いけど無視。可哀そうかなとは思ったが手が遅いので嫌だった。
おばちゃんでも若い女の人でも要領の悪い人は居ますよ。例えばバナナと何かパック物の重い物があると、レジを打って籠を移す時にバナナの上にその重い物を載せたり、魚肉のパックの上に暖かい弁当載せたり。つい「お前馬鹿か」と言いたくなる。すかさず籠の中を整理して直しますが、そういう人に限って「すみません」の一言もない。どうして?と言う顔をしている時は説明しますが、だいたいは嫌がられる。
キチンとしているおばちゃんは卵ケースの裏を返して割れていないか確認もしてくれる。「これ割れているから取り替えてきましょう」等と言われると、次回もこの方にと思うのは仕方のない事でしょう。その男の人は其処まで余裕が無いのだ。

食事に入って、チラシを手に「是」と指さす。「〇〇ですね」と入力している。そこには基本の〇〇とトッピングの付いた〇〇がある。私はトッピングの付いている方を指さしたのですが、気になってその店員を呼んで確認した。案の定〇〇しか頼んでなかった。三人働いているその店員の中で仕切っている感じの子だった。悪く言えば気取っている。私はさっさとやっていると言うのが目につく。私の一番嫌いなタイプ。それで、入力をやり直して、他の店員にひそひそ何か言っている。貴女が良く見ていなかったからでしょうと文句を言いたかったがモンスター扱いになるのも嫌だからやめたけど、雰囲気は良くない。月に一度行くかどうかの店で、店員もローテーション
で変わっているので滅多に会う事は無い。

多くの人の中で毎日生活していて「気の合う、合わない」人は居る。特別に係わりが無くとも、すれ違っただけで「ムッ」とする人も居る。先日、バスに乗って濡れ傘を畳むのに片手が吊り輪を持っているので、開いた傘を片手でまとめようとしたが上手く行かず諦めた。目の前に座っている知らない婆がそれを見ていて、上手くまとめてくれた。「ありがとう」こういうのが人と人の繋がりだと思う。

今日は写真無しで終わり・・・実は入れたんですがexciteでトラブル発生で消えました。





by higashinuma | 2018-08-09 09:17 | 所感 | Comments(0)

広島原爆忌

30年8月6日 月曜日 晴れ 27.8℃ 

広島に原爆が投下されたのも月曜日。先日のテレビドラマ「晴子の人形」に依ると、日本各地に空襲があるが広島だけは空襲が無かったと言う。何故なのか?アメリカ人捕虜が居るからだとか言ってましたね。広島は日本有数の軍事基地みたいな所だったようです。原爆投下で空襲が無かったのはこの事かと後に話していました。
因みに原爆投下でアメリカ人捕虜も全員被爆して亡くなったようです。此の事はアメリカではどのように扱われているのだろうか。

昨日から甲子園で夏の高校野球が始まりました。あの入場式の行進を見ていると、学徒出陣の行進を見ているようで辛いのは私だけだろうか。勿論、戦後生まれですから、記録映画やドラマでしか戦争は知りません。今は多くの人が何て馬鹿な事をしたのだろうと二度と戦争はしないと…と言うか興味を持たないのが本当の処では無いだろうか。
どんどん過去のものになるにつれ、真実は犠牲者の都合の良いように歪曲されて伝えられて行くだろう。本当の開戦原因は何かは私には掴めていない。

日本で被爆した韓国人の調査が始まったと今日の報道で伝えていた。従軍慰安婦の問題のようにまたまた日本へ保証を求めて来るに違いない。中国でも時折、南京の問題とか持ちあがるが、日中国交正常化の時点で、中国では戦争賠償を放棄しました。理由としては悪いのは引導した一部の者で、日本国民は犠牲を負わないとの事。簡単すぎますがそのような内容でした。なので、中国政府からは韓国のようにいつまでも引きずる事はしていない。

原爆投下は早期に戦争を終わらせるためと理由付けています。当時の日本の様子はやはり映画、ドラマで知る範囲ですが、オームの麻原信仰のような事があったのだと思う。首謀者本人がそれ程でも無いにしても取り巻きが崇め奉る。小範囲では子供のいじめみたいな事が大規模におこなわれていたのでしょう。反対する者は非国民。でも、皆表向きはそこまで追い詰められていたと言う事ですね。

甲子園の入場行進に戻りますが、あぁいうのは日本だけじゃないでしょうか?私は悪いと言っている訳では無い。寧ろカッコイイとは思っている。ニュースで見る北朝鮮の軍事パレードの兵士の行軍や映画で見るアメリカなどでも兵士はあんな風に整列して行進する。統率と言う意味からはあのようにならざるを得ないのでしょう。野球でも勝負の世界。軍隊と結び付けるにはどうかと思うが、一歩間違えばそれにつながる要素は多々あるように思う。(今の与党のような)戦争は二度と起こしてはならない。国同士の利害関係で即発もあり得る。他国に戦争を起こして繁栄している国もある。

平和記念式典が開催されていますが、原爆投下を受けた国として世界に多くを発信し、式典のための式典?ではない事を受け止めたいと思う。あの国の大統領はどのように見ているのだろうか?

我が家飯から
b0197486_16572544.jpg
若が言う「ゴーヤチャンプルー?」「いいえ、出来てからのお楽しみ」手順が進むにつれ「何だろう?」
ゴーヤのカレーでした。水の代わりに先日買って「これ飲むの?」の野菜ジュース(ブログの朝食写真に載っているやつ)捨てるに勿体ないし、かと言って・・野菜も果物もたっぷり入っているし、でカレールーを普通(二社のルーをいつもの半分)に入れて仕上げた。ゴーヤのカレーでネットではゴーヤが綺麗な緑色で載っていますが、仕上げる時に少し煮込んだので見た目は綺麗じゃないですが、是いけます!何となくポークだけれどビーフシチュウの味でお代わりいけます(笑)
ゴーヤ、玉葱、豚バラと野菜ジュース、カレールー二社の物キューブ各一個・・塩胡椒も不要。

b0197486_17151040.jpg
茄子の和え物・・茄子、大葉、ツナをポン酢と醤油で美味しかった
b0197486_17162876.jpg
胡瓜と大葉の浅漬け
・・飽きないです!





by higashinuma | 2018-08-06 09:12 | 所感 | Comments(0)

遍路

30年8月5日 日曜日 晴れ 27.8℃ 夕べは案外風があって涼しかったので、健太の散歩に行ってもらった。でも、帰って来た頃には、私も背中に汗をかくほどだったので、エアコンを入れる。自然の風の中で眠りたい。一階には奥の駐車場に入る空間があり、そこは風が通って暑い時でもここだけは涼しく、健太は散歩の〆はいつもここで腹這いになる。ここで寝られたら良いだろうなぁといつも思う。

読んでいた本が、四国の遍路道のあるところに迷い込んで、高僧が経を上げるのを見かけて、行ってみると、其の時に行き倒れの人を発見し救援すると言う話。高僧はいつの間にか消えて、其処には石像があった。幻視と言われるが遍路で道を迷った人の救いに、時に高僧(大師様)が現れるのだとか。今回はこの遍路の行き倒れの人を救うために現れたのだと。
偶然にも昨日のBSNHKで「花へんろ特別編晴子の人形」を観た。大正から昭和そして大戦を生き抜いた人々のドラマを描く花へんろ。晴子の人形は原作の早坂暁の自伝的物語で、最後はやはり遍路。海軍兵学校に入った兄に会うために防府へ行くと広島に渡って被爆、行方不明の妹晴子に会うと兄と母が四国八十八か所を弘法大師と一緒に修行の道をたどるのです。人形は市松人形で松山の商家富田屋の前に貧しい遍路が捨てた子供晴子に沿わせてあった。
遍路の笠には同行二人が書かれています。それは弘法大師様と一緒と言う事。南無大師遍照金剛と唱え霊場を巡る。いつかは行きたいと思いながら・・・四国は観光バスで巡っただけで霊場は確か室戸岬の一か所かなぁ・・・ 
またまた偶然にも四国の山を踏破する番組を観ていて石鎚山や大瀧嶽の弘法大師修行の山々も感慨深い。
霊場では次の十善戒を唱えるのだそうです。
一、不殺生(ふせっしょう)生きているもの、すべての命を大切にする。
二、不偸盗(ふちゅうとう)物を盗まず、他人のものを大事に扱う。
三、不邪淫(ふじゃいん) 性は尊いものであり、節度をもって性を考える。
四、不妄語(ふもうご)  うそ、偽りはいわず、真実を話すことを心がける。
五、不綺語(ふきご)    虚飾のことばは話さず、飾らない本当のことばで話す。
六、不悪口(ふあっく)  悪口は言わず、相手を思いやることばで話をする。
七、不両舌(ふりょうぜつ)どの人に対しても、二枚舌を使わず、温かな気持ちで話す。
八、不慳貧(ふけんどん) 強欲をはり、貪ることなく、感謝の気持ちで過ごす。
九、不瞋恚(ふしんに)  怒りをおさえ、心を落ち着けて、優しい気分で過ごす。
十、不邪見(ふじゃけん) 邪な間違った考えを捨て、どの人にも平穏な気分で接する。
遍路でなくともこれは常に心しなければ・・・徒歩で八十八か所巡るには60日とか言われますが、毎日これを二・三回唱えたら自然と身につくのだと思われる。

我が家飯から
b0197486_09380161.jpg
法蓮草の卵炒め
b0197486_09390617.jpg
b0197486_09401552.jpg
若が買って来た・・上の二個はヒレカツ、左は蟹クリームコロッケ、そして鶏唐揚げ
b0197486_09415632.jpg
弁当・・後で鰻弁当買いたかったと言われた。一人分でこの弁当二個買える(笑)
b0197486_09422479.jpg
冷汁・・味噌汁を濃い目に作りキンキンに冷やして胡瓜と海苔を入れる・・茗荷は食べたばかりで買い置きが無い・・・簡単だけど旨かった

実はこの日は火曜日の稽古が早く終わり、家で晩飯と言って、若に弁当を買って来て貰った。




by higashinuma | 2018-08-05 09:47 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる