ブログトップ

つれづれ

<   2018年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

光明

30年8月30日 木曜日 薄曇りの晴れ 26.8℃ 昨夜は除湿設定でした。28℃設定の冷房でも外気が冷えていると寒いのです。快適と言う訳でもないが、冷気が当たらないだけ鼻や喉に良いようです。

先日、稽古の帰りの始発電車に乗ったが、座席は全部埋まっていた。次を待っても良かったが、健太が駅に迎えに来ると言うので早く帰りたかったので座る事は考えていなかった。すると、小さなお子さんを座らせていたお母さんが、その子を膝に載せて席を空けてくれ、どうぞと言う。最近に無い状況に丁寧にお礼を言って座らせて貰った。
手に多くの荷物も持っていたので、幸い隣に座っている人も細身だったので、ちょっと詰めて空間を作り、どうぞ荷物置いて下さいと言った。遠慮がちに置いていたが、今時こういう人が少なくなった。昔は普通だった事なのですが、私にはオーバーな言い方であるけれど「光明」を見た気がした。こうして抱かれて他人に席を譲ると言う行為は多分この子にしっかりと受け止められ伝わって行くだろうと思う。
朝も始発電車に乗り替えたが並んで4人目。左右並ぶので8人は私の前に並んだことになる。当然、余裕で座れる。で、電車が来てさて乗ろうとしたら、まぁみんな怒涛の如く席を奪うが、坐ろうとした場所を関取のような女子に押されてその隣に座ることになる。別にその場所にこだわる訳ではさらさらないが、関取女子は私を押してドンと腰を下ろしたのでした。隣に座って一言「やるね!」関取女子は無言で俯いていた。その関取女子は並んで待っている間、私の視界に無かったのだ。多分、乗車口一つ向うより飛んできたのだろう。そう言う奴良くいるからね。私は30分少々乗るが、関取女子は15分位で降りていた。みんな必死なんだ・・・。

今、女子の体操選手がコーチをパワハラで訴えて、そのコーチの重い処分に軽減するように言っている。だったら訴えるなよ!と私は思うのです。ひと昔前はセクハラとかパワハラとか訴ったえるような事は無かったと思う。我慢していたと言えばそれまでですし、セクハラでも内容が問題であり肩に手を置いただけで、セクハラと捉える人もいる。パワハラに関しては昔は喝を入れるみたいな怒号は普通だったと思う。そう言う事で元気を貰っていたような気もする。いじめ問題も含めて、受け取り方の問題が大いにあると思う。今は自己中心的な人が殆どです。何ら解決していない、もりかけ問題を筆頭に最近では障碍者の官庁雇用問題。どうしてこんな世の中に?以前の大問題、厚生労働省年金杜撰な問題はどうなったん?
今、思い出したが確かに今でいういじめを受けていた気がする。同級生からお金貸してと言われ、貸したら返してもらえなかった事があった。私はその子に手紙を書いた。「僅かなお金かも知れないですが、両親や兄が必死に働いて稼いだお金を小遣いとして戴いた大切なお金ですから返して下さい」と書いたと思う。その子は数日後に返してきた。人間関係が希薄になっている今の世では、いじめも凄惨なものになっている。何かが違っている。この先どうなるのだろうと溜息が出るばかりです。

こんな中でその母親の行動はまだまだ捨てた物では無いと思った事でした。

我が家の晩飯から
b0197486_09043924.jpg
b0197486_09053906.jpg
各スルメイカの中にひき肉を詰めてトマトソースで煮込み、そのソースでパスタを絡める。店で食べるナポリタンより上等の味。だだちゃ豆を彩りに。上の写真の角小鉢はげその味噌和え。口直しに美味しい。挽肉にげその半分も混ぜる。ソースの量が少なかった(パスタを絡めるのに多すぎるので少なくした⇐是が失敗のもと)ので烏賊を煮るのに時間がかかり、固くなった。この料理はイタメシとフレンチの融合です(笑)柔らかく仕上げるには途中で鍋より上げてホイルに包めば中まで火が通り柔らかい仕上げになると思う。是、旨か~再度作ってみよう(◎_◎;)最初は若のパスタ量より私の方が多かったが、一口食べて私の皿から取り上げていた(笑)


by higashinuma | 2018-08-30 09:16 | 所感 | Comments(0)

八月最後の稽古


30年8月29日 曇り 29.0℃ かなり蒸し暑い 窓を全開にしているが背中は汗びっしょり。普段でも汗っかきだが今日のような日は堪らない。
エアコンの下で丁度冷風が下がる辺りに顔がある状態で寝ているので鼻の調子も今一。で、昨晩は寝しなにエアコン止めるからと窓を開けた。今にも降り出しそうな空模様で庇が長い南窓は比較的開けたが、庇の全くない東窓は指が入る程度しか開けていなかった。此の時は確かに風があったが、深夜二時頃になって風は止み暑い。起きて水を飲み健太にも氷をやって、寝ようとしたがやっぱり無理。おまけに普段は鳴かない健太が吠えている。暑いのかなぁと結局はエアコンを入れる。
エアコンを止めた時、若はいつものように私のベッドを占領していたが「じゃ、自分の部屋に行ってエアコン点ける」彼は節約のためにエアコンを入れる時期の夏冬はリビング続きの私の部屋に寝て、私はリビングに煎餅布団敷いて寝ているのだ。ベッドは腰が痛くなり好きではないので、彼にベッドを明け渡しているのだ。

さて、八月の稽古は昨日で終わりです。昨日は青年部の茶会の道具取り合わせで、見学と道具の引き取りに青年部の方が来られた。何でも会員に茶道具が好きで買い込んでいる方が居るらしく、沢山の茶碗や掛軸、棗、茶杓等が段ボールで送られてきていた。それらを広げて並べてみる。実際に席に点前通りに並べる。私は部外者なので参考程度には話すが、もどかしい処もある。でも、まぁまぁの取り合わせでした。

b0197486_15404417.jpg
b0197486_15394716.jpg
花が無くて苦心している。槿も暑さの所為か生彩が無い。紅白の槿を一種として、友禅菊と仙人草を亀甲竹釣舩に入れる
短冊だと合わないので軸も一行物にした。
b0197486_15410168.jpg
炭手前を終えて、午前中の生徒がお休みの連絡を受け時間があったので、濃茶点前をする。
b0197486_15385232.jpg
お菓子は練切で銘「朝露」普通に練切でした。実はお菓子屋さんに注文していないので、人数分の数が無く、二個だけ是になりました。
結果的に急な休みが二人出てしまい。好きな方を選んでもらえば良かった。来月に期待。
で、本命の主菓子
b0197486_15413334.jpg
銘「清流」鹿の子に流れがあり、青紅葉が載る。
干菓子は
b0197486_15411921.jpg
他に今日の到来物
b0197486_15414959.jpg
薄皮饅頭と月世界。月世界は茶会の試食。「二種類出すなら半分あればあれば良いね」でこれは却下。
b0197486_15420356.jpg
来客に薄茶を・・緊張している・・いつもと同じように見えるが・・・
水指は自前で持ってみえました。
b0197486_15423862.jpg
大板で濃茶の稽古です。やや反り気味なので直して貰う。二回目なので・・次から気合を入れて頑張りますとの事

「お茶碗は?」
「覚入の銘は林鐘でございます」
「林鐘とは?」
「書いた物を見ていたら覚入の楽茶碗で銘が林鐘とあったので」

・・林鐘は中国の古代の楽器、編鐘の音の一つで11月を現していますよ。⇐中国の間では正解でした。
十二律音の音階を現し、呂(半音)律(長音)と言います。それを月に合わせて円能斎が棗を好まれました
    月   呼称   棗の蒔絵
    1月  大族    海老
    2月  夾鐘    梅と月
    3月  ͡沽洗    網と桜
    4月  中呂    杜鵑
    5月  蕤賓    榊と御幣
    6月  林鐘    蘇民将来
12月までありますが省略。6月を現しています。11月は黄鐘(蒔絵は寒牡丹)で私の大きな勘違いでした。因みに音階は11月が最初です。
来月の研究会での稽古ですが10月は林鐘は合わないでしょう。
それで、茶杓の銘は「あけび」でしたのでコケてしまった。(笑)

勉強家でなかなか面白いご銘を探して来られます。
9月は前の月(名月)でもあり、それに関したご銘でも良いかと思います。
10月に茶会の掛軸は「孤舟戴月」だそうで、書院の広間なので大きめの烏帽子篭の花入れを貸すことにしました。私の席だったら香合は「琵琶」、茶杓は「笛の音」等にして公達の月見の宴をイメージして貰う。そして菓子器は龍頭舟等を細工すれば等と・・・
月に因むご銘は沢山あります。嵯峨野、広沢の池などを筆頭に広がります。
因みに「孤舟戴月」は利休の唯一とされる一行が相国寺宝物にあります。







by higashinuma | 2018-08-29 08:47 | 茶道 | Comments(0)

医療政策

30年8月27日 月曜日 晴れ 26.8℃ 散歩に行った健太と若の為、起床して一度止めたエアコンを26℃設定にしている。

最近何か感動したかなぁ・・・今朝の報道で「口コミ」を取り上げていた。私も何か訝しく思っていたが、消費者が直接口コミを書くのではなく、業者からお金貰ってその商品なりを使って無いのに如何にもそれが良い物だと口コミを書いている人がいる。やっぱりね!

またまた文句になるが、大学病院の近くに住んでいた事で何かあればそこに通院していた。今も定期的に通っている。が、前にも書いたが、大学病院は研究機関で個人は町医者に通うようにと言われた。内科は担当医師が変わり良く面倒みてくれるが、他の例えば眼科だの皮膚科だのは町医者に行くように言われる。大学病院には国の政策として交付金が下りるからだ。何だか凄く矛盾を思う。その街に住んで40年来通っているので、データは全てこの大学病院にあるので、例え眼科としても、過去に脳梗塞があったデータがあれば、そういう目で看て貰える。この考えはどうも違うようだ。最近は内科以外は医師も頻繁に変わり、研究医みたいな若い人が多くなった。そして軒並み町医者を奨める。「来ちゃいけないのですか?」「そうではないけれど」医師は曖昧に応える。この病院の理念は「・・研究至上主義から・・病に悩む人間とみる医風・・」とある。今度言われたらこれはどういう意味か聞いてみようかと思う。⇐クレーマーにならない程度に。
内科以外のお年寄りが随分減り、待合室は閑散としています。

去年から「おでき」が出来て、診断はしてくれたが治す術は手術しか無いと言われた。去年、それが自然に破けて治癒したかにみえたが、今年又再発している。これは手術以外は治らないと、ネット上でも書いてある。今、迷っている。近くの町医者を調べて、口コミを読んでいたが、どれも素晴らしい事が書いてある。口コミを消すという権利も書かれた側にあるようで、余程の事でない限り悪い口コミは見当たらない。大学病院なら私のデータが入っているのに、町医者に行ったら又最初からデータを入れることになる。それも面倒。大学病院ではどの科にかかってもデータが共有されているのでその個人の全体の病状が分かるようだ。例えばなんでその「おでき」が出来たかと言う事も分かるのだと思うが、私から見た様子ではデータが生かされていないように思われる。その証拠に胃薬などは内科で処方されているにも関わらず、他の科でも痛み止めと一緒に胃薬(メーカー違い)が出されていた事がある。後で不思議に思って薬局で聞いたら同じ成分ですと言う。結局は院外薬局で担当を持ってもチェックされていないのだ。医療費を削減するためとか言っても、院外薬局に変わって余計負担が増えている。国の政策ってこんなものなのです。
町医者に行きたく無いと言う事では無く40年来の色々な科の個人データを無駄にしたくないのです。

感動が無いなぁ・・・
つい最近、夕暮れに健太の散歩で歩いていたら、小学生になったかどうか位の男の子が一人で歩いていて、すれ違いざまに「お早う」と言う。「違うでしょ、こんばんはだよ」照れ笑いなのか満面の笑顔で通り過ぎた。最近は是くらいの子供がしかも夕暮れに歩いている事は珍しい。
周りには誰も居ない。親が良く一人で出したなぁと思った。ひと昔前はお使いに出されたり、こんな風景が普通だったと思った。
あの子の笑顔は忘れがたい。

昨日の富士山、西の空
b0197486_09063411.jpg
この時間の月、東の空
b0197486_09073406.jpg
一昨日の富士山、上の写真よりは一時間早い
b0197486_09104179.jpg
この時間の健太
b0197486_09095645.jpg

by higashinuma | 2018-08-27 09:19 | 所感 | Comments(0)

勉強会の事等

30年8月26日 日曜日 晴れ 27.5℃ 朝から、正確には昨日の朝からずっとエアコン入れている。
今日は生徒の都合で9時から勉強会のため、朝8時には家を出て、バスを乗り換え前の家に行く。この家は全面東窓なので、家に入るとサウナ状態。簾を下ろしてエアコンを20℃に設定。隣の部屋は殆ど道具置き場で、茶碗を探していた。頭から足まで汗が滴るので、見つからなかったが止めた。
ところが9時からと希望した生徒から遅れると言う連絡がある。到着したのは9時40分でした。10時から始めると言う事にして、10月に青年部で茶会をするための道具を出して見て貰う。11時半にはその打ち合わせで帰ると言うので、古文だけを勉強する。今回から新しい本に入る。前の本と変体仮名や草書体が違うためトチリトチリの読み合わせでした。コピーを3枚渡したが、内容の説明しながらで2枚を終えて次回にする。
「毛抜き合わせにする」「兼約」など普段使わない言葉などが出て来る。「事」の旧字体は此の前テレビ観ていて古文書の中に出ていたので、江戸時代の字体が読めてちょっと感動だった。

刻限に遅刻すると言う事・・私の稽古時代は師匠に厳しく仕込まれた。花月の稽古は日曜日が多く、定刻になると玄関に鍵を掛けられた事。茶会や何かのお出かけも何処に行くは知らされず、駅に何時と言う事で、遅れると行かれなかった。「刻限は早めに」と利休道歌にもあるように少し厳しくしないと、と思い始めている。
今の人達は他人に迷惑をかけている意識が薄い。スマホの影響が大きいと思う。電車の乗り降りもスマホ観ながらたらたらしている。ドアが閉まりかけて慌てて席を立つ人もいる。道路でも俺様の態度で相手が避けてくれると思っているようなところがある。生きているだけで何かと誰彼に迷惑かけているのだから、それ以上の事(例えば遅刻等)は自重すべきです。

9月に茶事の案内を戴いた。ニ三人でどうぞとの事で、今日の生徒に訊いてみた。何時から何時までですかと言う。どうも掛け持ちの用があるみたいです。「それなら行かない方が良いです」・・前回の古文の勉強で掛け持ちで茶事に伺った事例・・わざと料理を沢山出して時間を長引かせ、辞去して次の処に伺ったら終わっていたと言う話です。わざとと言うのは、次にどこに行くか知っていたので、その戒めだったのです。・・分かってないなぁ・・

私も他人の事をそんなに責められる程の事はしてないけれど、勉強しても身につかなかったら意味が無いです。

我が家晩飯から
料理写真はアーカイブです・・
b0197486_17042139.jpg
一昨年の花火大会の料理・・カナッペ・・若い人が多かったので、一緒に作って教えていました。
b0197486_17045665.jpg
パエリア・・ご飯の固いのは好きでは無いので。焦げないようにかきまぜた。味は保証付き(笑)サフランは高いので色は食材からの自然の色。生米で作る炒飯みたい(笑)
b0197486_17063433.jpg
ジャーマンポテトや蟹
b0197486_17052631.jpg
板わさと言うか我が家通称「天城和え」
b0197486_17083701.jpg
鶏のコーラ煮
b0197486_17070623.jpg
サラダ等々
去年のは探し出せない・・雨で中止だったがホームパーティ
3年前も何処かに保存がある筈です
さて、今年の10月の花火には何を作ろうか思案中・・気が早いって?茶事をするときは一年前から考えていた。そして旅行先などで使えそうな食材などを買っていた。



by higashinuma | 2018-08-26 17:21 | 所感 | Comments(0)

暑気払い&・・・

30年8月25日 土曜日 晴れ 26.9℃ エアコン設定26℃ 強烈な日差しでちょっと外に出るとキリキリ肌を刺す

昨日の晩飯は社中の暑気払いで「北京ダック」を食べに行った。皆さん何かと用があるようで、今年の当番3人と家族の寂しいものになった。場所は原宿駅から5分の我が家で良く行っている店です。夕方6時集合。近くに版画を専門に展示している太田記念美術館があり、行った事が無かったので、そこを見てから行く。他に興味を惹く店があり少し早めに出かける。蒸し暑い日で、健太は家で遊んでやり、健太の晩飯は半分やって、灯を点けエアコンを入れたまま3時頃に出かける。若は会社の飲み会と言っていたので、帰りは午前様だ。あいつは昨日(木曜日)から土曜日まで三連ちゃんで飲み会らしい。

太田記念美術館は今月26日迄「落合芳幾」展を開催。名前は初めて聞くが、あの血みどろの恐ろしい版画絵は誰でも目にした記憶はあると思う。今年は河鍋暁斎と言い江戸から明治にかけての画展を見ている。それでも昔から比べたら美術館へ足を運ぶ回数が極端に減った。健太の事もあり、時間が制限されている事もある。他には例えば今、ルーブル展もあるようだが、一度見たからいいやと言う事もある。実にルーブルはパリの本家本物も行っている。多分、行けば新しい発見もあるだろうし、若い時に観たのと今では捉え方も違うはずですが、時間に追われてそそくさと見て来るのも面倒だしなぁとなる。年取った証拠なんだろうか・・・

6時に宴会を始めて次から次と料理が出て、予定の料理が殆ど出た時には未だ一時間しか経って無かった。そんなにがっついていた(笑)と言う訳でもないが、兎に角喰いまくった~と言う感じでした。未だ一時間だよとか言ってお喋りしながら二時間過ぎた。どういう風の吹き回しか「お店からのサービスです」と急須で入れた烏龍茶が出た。「どうぞゆっくりして行ってください」。京都辺りなら恐ろしいですが、言葉に甘えて暫く歓談。料理写真は前にアップしているので割愛。

帰宅後9時でも外は蒸し暑い。健太は散歩に行かず家の中で廊下にボールを転がし、走らせて遊ぶ。走るのは凄く楽しそうで見ているこちらも可愛いと思う時間。そして、健太晩飯の残りを遣る。もう、私の就寝時間はとっくに過ぎている。若からこれから二次会に行くと電話がある。健太の飛ばした毛を掃除して、就寝。小説の続きを読む。読了。続いてシベリア鉄道の手記を読む。樺太は元は半分は日本領土。林芙美子も旅行していたと書いてある。これも面白いが眠りに就く。若が帰ってきて起こされる。健太も起きている。12時半。健太に喋りかけている。そして若を怒鳴りつける。「この時間に帰ってきて起こす事無いだろ!」

朝、いつものように目覚める。健太も起きて動き回っている。「健太良い子にして待ってて」健太はお座りしてじっと見ている。若を起こすが散歩には行きたくない態度。仕方なく健太を散歩に連れ出す。「抱っこ」と言うと両手を上げてくる。対面で抱っこすると舐められるが、私がいつも嫌うので今日は顔を見ても舐めようとしなかった。実に可愛い子です。一通り散歩して帰ってきてもあいつは未だ寝ている。

今朝は8時半から映画観に行くと言っていたのに、もう7時半過ぎている。健太の一通りの世話をして朝飯をやり、自分の朝食。朝ドラが始まっている。終わる頃に漸く起きて来る。洗面やら済ませて出かける時間は8時半だった。「間に合うの?」「大丈夫40分からだよ」自転車で映画館に行く。余裕だった。
あいつにしては珍しく「マンマ・ミーア」を観たいと言っていて予約していた。
2008年に映画化し、当時のミュージカル映画史上世界NO.1の興行収入。
主題歌ともいえるアバの「ダンシングクィーン」は大ヒットでした。前作ではギリシャのカロカイリ島で小さなリゾートホテルを経営するシングルマザーのドナの娘ソフィが結婚式を挙げるシーンで、母の日記から父親と思える3人を招待したが結局は分からず・・今回の作品はここから・・・そしてソフィがそのホテルをエレガントなホテルに建て直し、オープニングパーティをする。その最中に妊娠している事を発覚した。パーティのの準備が済んだ後嵐が来て台無しになり、招待客も欠航で船が出ないため足止めされるが、その三人のパパの機転で漁船を運航する。パーティには出られないと言った夫とのすれ違いも、解消されパーティは大成功・・・やがてソフィに男の子が授かり洗礼にまた多くの友人が参加するのでした。
前作のストーリーは劇団四季でもミュージカル公演をしています。

軽快なリズムの20曲の音楽は見ている者を幸せな気分にしてくれる。映画はドナの思い出とソフィの今が頻繁に交錯しているため、頭の回転が必要(笑)それに俳優も若い時と今は違う人が演じているのに全部同じ人に見えてしまう。

1985年にヒットし、今もリバイバルで盆踊りもあるという荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」も「ダンシングクィーン」1976年リリースもバブル期のデスコお立ち台等をイメージさせる。これらがまた戻ってきたのは景気の回復も望めたら良いと思うのです。

b0197486_15350599.jpg
健太5ヶ月・・この頃僕は未だ猿だった。
b0197486_15375720.jpeg
もうすぐ2歳・・大人になりました。こうして散歩の途中で腹を冷やす・・犬友の柴犬はそんなことしないって・・だってさ僕の祖先はイギリスだから東京は暑くってかなわん・・




by higashinuma | 2018-08-25 15:09 | 所感 | Comments(0)

勉強会

写真アップでトラブル発生し、公開前に全部消えた(´;ω;`)

30年8月24日 金曜日 雨から次第に晴れてきました 28.6℃ つい先ほどまでエアコン入れていた。
夕べの風雨は凄かったですね。寝ていても不安になる位・・杞憂か(笑) 昨日の昼もあんなに晴れていたのに日照り雨が凄かった。全部の部屋の窓を全開にしていたので、慌てて閉めるが吹き込んで濡れた物もあったが、比較的早く乾いて良かったです。兎に角突然で気が付かなかった。多分、虹も出ていたと思うが空を見ている余裕がない。
夕方、健太の散歩・・この子、つい先ごろトイプードルに襲われて怪我したのに、全く関知しない。「健太は大物だ!」違うトイプードルと遭うが尻尾振っている。その子は吠えまくる。飼い主がしっかりリードを押さえていたので大丈夫でした。健太はその子の前で伏せをして「敵意はありません」のポーズ。暫くするとその子も落ち着いてきた。遊びたいのに怖いの感じです。4歳になるらしい。他の犬と遊んだことが無いのでしょう。

さて、次の日曜日は勉強会ですが、先月で古文は約2年かかって一冊読了しているので、次に何を読むかは未だ何も準備していなかった。私としては「公事根源」を読みたいのですが、癖字が多くて読みづらい。内容としては年間行事が書かれているので面白いですが、生徒には無理。考えた挙句、「茶道筌蹄」を読むことにした。
最初は茶会の内容。今でいう茶事の内容を上げて居る。読んでみると今と殆ど変わらない内容が江戸時代中頃に書かれていて興味を持つ。
ただ、漢字が今は使われていない字などあり、その点は難解。例えば「事」等は旧字体の略字を使っていてそのままでは読めない。字源等を使って読むしかない。
それでも書いている人が同じなら字癖やどういう字を使っているかを知ってしまえば楽だと思う。

最初は佐々木道誉が茶会をしたと太平記に書いているところから。時代背景として室町期の闘茶です。多分、佐々木道誉が景品を積み上げて茶会をした事を指すのであろう。
やがて禁止令が出たりする一方侘びさびの世界になり利休が茶の湯と称した。
茶の湯には昼、夜咄、朝、暁等々色々と説明がある。
筆者は稲垣休叟で表千家八代千宗左の茶を学んだ人なので、裏千家を学ぶ我らには違うと思う処もあるやもしれないが、暫く続けようと思う。

書は茶事に招かれているのに返事を書いていないので、それを書くことにするかなぁ・・
あとは短歌。誰も出していないが当日でも。

これで勉強会は準備出来た。当日は茶会をするのに道具が未だ決まって無いという生徒の相談事ある予定。青年部なので部員が持ち寄るらしい。書院の広間でそれは無いだろうみたいな処もあるが、あまりあれこれ言うと私の茶会のようになってしまうので、多少の不都合は目を瞑ろう。その後は茶名を戴いた生徒が3人で茶事に招いてくれた。こちらも道具が未だの様だ。若もその一人で薄茶を担当する様だ。一人二個茶碗持って来てと言われているらしい。此の前、その一つを出して見たら、私が茶名を戴いて記念で買った茶碗でした。平成元年記念に買うと書いてある。あれから30年、若も茶名だ。良い記念だからそれを使って貰おう。大宗匠の箱書、香雲造りの色絵の茶碗です。当時は相当の価格でしたが・・・・あと、一個は若が是が良いと買った高取静山?の三嶋手。これも珍しい。朝鮮招来の陶芸家子孫であれば、こういう朝鮮系の茶碗も造られるのです。ただ、何処に仕舞ったか?⇐是が問題(笑)

健太近況
b0197486_10482831.jpg
鼻を押さえて寝るのは可愛い・・二歳ですが子犬の感じです
b0197486_10493722.jpg
ソファの健太の定位置。自分の場所と分かっている?向う側は私で手前側は若が座る
b0197486_10512678.jpg
お気に入りのおもちゃと・・是を取り上げて放ると追いかける。最近の彼の遊び

b0197486_10531261.jpg
若が帰って来るのを待つ。廊下のドアのガラス窓から見ている。音がすると飛んでゆく。
b0197486_10543229.jpg
早くおもちゃ放り投げて
b0197486_10552951.jpg
早く帰らないかなぁ・・

他所の犬は知らないが、此の子は頭の良い子です。
最近は寝る前に掃除機かけているのをサークルの中でじっと見ている。一通りの仕事を終えて「健太寝るよ!おねんねだよ」と言うとコロンと横になって寝るのです。
朝寝出来るのはまだまだ先の事か・・・やっぱり5時起きは早いよ。他の子は7時頃まで寝ていると言っていたよ。



by higashinuma | 2018-08-24 11:01 | 所感 | Comments(0)

人それぞれ

30年8月23日 木曜日 雲の多い晴れ 27.1℃ 28℃設定でエアコン入れている 外は26℃とか言っているが湿度が80%の報道でした。風も通り起床後エアコン止めて窓を開けていたが、動くと暑く、散歩から帰って来る若の為にエアコン入れていた。でも、もうそろそろ止めても良いだろう。
夕べは良く眠られた感じです。「杞憂」は雲が落ちて来るのではと言う話が語源になっている。今日の雲を見ているとそれも有かなと思われる。外出するのに窓を開けっぱなしで大丈夫だろうか。予報としては夜から雨なのですが。

最近バスに乗る機会が増えている。ここからは主要駅まで歩いて20分位かな(最寄り駅は徒歩5分位)主要駅から各方面にバスが出ているし、買い物でもなんでも其処に出るのが便利です。家の近くからはバスが其処に向け三路線通っているので便利は便利です。最寄りのバス停も5分位。で、バス停に向かって歩いている時に、バスが行くのが見えるので、あ~ぁ行ってしまったと言う事になる事もしばしば。バスって時刻表があっても殆どそれに合っている事は無い。5分位遅れても誰も何も言わない。以前は、行ってしまったバスを見て、歩いた時もあったが、7,8分待てば来るので、途中で追い抜かれるのも癪で待つことにしている。私も爺ですが爺婆が多いですね。大きな新築マンションが出来て、若い人もチラホラ乗っている事は乗っている。彼らは爺婆が乗ってきても席を譲る事はしない。知らんぷりしてスマホを見ている。
今日言いたいのは、それらも含めてマナーの悪さです。市のミニバスも通っていて、このバスの造りが何を考えているんだろうと思うぐらい、乗客に優しくない。此の前はほぼ満員のバスに私を含めて其のバス停から5人乗り込んだ。私の前に乗った二人は大丈夫でしたが、私とその後ろから乗った二人は、捕まる所が無いのです。奥に未だ余裕があったので「詰めて下さい」と言ったが、一人は奥に行ってくれて、その空いたところに私が入りましたが、後ろから乗った婆二人は捕まる所が無い。頑として動かない先客の婆も居る。「詰めたら」「後ろの人が動かない」私から見ればその人が一番問題。後から乗った二人は一本の手すりに掴まり不安定な様子です。こういう時運転手が言ってくれれば良いのに何も言わない。

主要駅から出るバスはバス停に入らずプールして時間が来るのを待っている。暑い時も寒い時もお構いなしだ。運転手に依りますね。バス停に早めに来て乗せてくれる人も居る。これは凄く助かる。それと、私もやられたが、信号待ちで直ぐに発車出来なくても、ドアを閉めると乗せてくれない。これも運転手に依る。足の悪い婆等は可哀そうなのに。

でも、バスに乗って見ていると、自転車も通行人も相当マナーの悪い人が居る。左折の時、歩行者が信号が赤になりかけているのにゆっくり歩いている。酷いのは赤になってから走って渡る人も。運転手は相当我慢しているのだろう。それともそう言う事を全く気に掛けない人が運転手に選ばれている気がする。車もそうですね。狭い道路だと電柱が邪魔ですが、気の利く相手の運転手は対向車のバスが来ると空けて待っていてくれる。乗用車の若い男と女性ドライバーは全くそう言う事も気にせず走っている。バスは遅れようが何しようが安全第一。それは基本だけれど、あれだけ他人の事には無関心でいられたらと思う時もある。

バス停に行ったら高校生位の女子が前の人との並ぶ位置より随分離れて立っていた。私は乗らない人と思って、その子の前に並んだ。バスが来て乗る雰囲気だったので、その子に「どうぞ」と言ったら「大丈夫です」と言う。「そういう問題じゃ無くて、離れていると乗るか乗らないか分からないでしょう」「すみません」この「すみません」は話の内容を分かっていない。とりあえず言っておこうのようだ。結構、長い時間乗っていたがその子は重そうなデイバッグ背負って席が空いているのに立っていた。

晩飯から
昨日は秋刀魚の新物があったので迷わず手が伸びた。一尾300円弱。鮮度は抜群
b0197486_08403835.jpg
美味しかったが・・・痩せているのが微妙・・去年の話で犬友の奥さんがサンマ食べたいけど痩せていて高いから買わないと言ったのが耳に残る。立派な奴は相当高いようです。??秋刀魚ってこんなもんじゃなかった?

b0197486_08441315.jpg
茄子味噌・・若があまり手を出さないので「どうしたの」「僕が作った方が美味しい」「あれはオイスターソース炒めでしょう。これは味噌炒めだよ」微妙
b0197486_08462178.jpg
空芯菜ともやしに厚揚げを入れてみる・・和風総菜で美味しかった。空芯菜は東南アジアの物みたいな感覚。いつもナンプラー炒めではメニューも限られる。



by higashinuma | 2018-08-23 08:48 | 所感 | Comments(0)

夜も弁当

30年8月22日 水曜日 晴れ 27.9℃ 午後からエアコン入れている。
昨日は午前と午後に濃茶を戴く。午前中の濃茶は関西風、午後の濃茶は関東風よりやや濃い。その所為かどうかは分からないが、夜、あまり眠れなかった。多分、原因は他にある。此のところ連日寝不足気味。ぐっすり寝た感じがしていない。一つは暑さ。それに合わせて健太の早起き。
「ビーグル犬健太の目覚めに時計見る444は微妙な気分」
健太が起きると動き回るので音がする。そして時計を見たら444でした。つまり4時44分。この444にスロットならと、つい苦笑。凡そ、5時前後には起きているようだ。私の起きる時間、若の散歩までには1時間早い。この間、健太は以前はクンクン鳴いていたが、今は動き回る事が多く、5時半過ぎてクンクンし始め、私が起きて若が起きて来ないとワンと吠える。
昨日は11時半頃に午前中の稽古を終えて、昼食。昼寝で、気が付いたらもうすぐ2時だった。実に一時間半は爆睡。昼寝でこれはやばい。いつもなら15分か20分には起きているのに。これが昨晩の睡眠障害の一番の原因だと思う。「食い溜め」はあるようですが「寝溜め」は無いそうです。自律神経を狂わせた原因です。夜は10時就寝で本を読んでいたので眠りに落ちたのは11時近かったと思う。そして、一回目目覚めたのは2時頃だった。その後は一時間おき位にトイレと水飲み。2時と合わせても4回起きた事で、一日通算しても頻尿とは言えない。水を飲まなければと思う事もあるが脳梗塞とか心筋梗塞とか気になれば水は飲んだ方が良い。風が気持ちよく窓を開けていた。が、何となく寝苦しさはあった。
気になった事は点前の手順が正しかったかどうか、生徒が茶会をするのに、一席で30人もの客が入る書院なのに小間で使うような道具を取り合わせている事。言っても分からないし、あれこれ指図すると私の茶会のようになってしまう。それに自主性を大事にしないと・・・私としては書院の一間床に虫篭花入れは合わないと思うけれど・・・
風炉先屏風が無いので花結界にするとか・・鉄風炉に合わないでしょう・・・
そんな事があれこれ頭を巡る・・本当に眠い時は平点前を水指の運び出しから手順を追って、お茶が点つまで眠っているのに(笑)

b0197486_15561407.jpg
b0197486_15562861.jpg
前日に槿も採っていて朝咲きましたが、枯れているので、花は何とかこれで・・先週の竜胆、仙人草、金水引をあけび篭に
b0197486_15564183.jpg
軸は永平寺丹羽簾芳管主の「竹日夜起清風」永平簾と揮毫
b0197486_15570795.jpg
前回はうっかり見逃しで・・リベンジです。茶事を計画していて「茶入荘」で点前するらしい
b0197486_15565533.jpg
主菓子は・・ご銘「とまと」彩雲堂製・・冷たくして美味しかった。最初、みんなは「西瓜ですか?それだと盛付が逆だし・・?」言われる迄分からなかったようです。

b0197486_15571914.jpg
久しぶりの点前・・
以上は午前中稽古
b0197486_15573410.jpg
午後は3時から稽古。急なお休みがあり彼女(夜稽古組ですが夏休みだった)一人でした。茶入荘。
夜稽古はお休みでした。
5時には終わり、6時には教室を出る。未だ明るい・・いつもこうだと良いなぁ・・・

若も早く帰れるらしいが、未だ帰宅していなかった。今日は弁当にすると言ってあったので、健太の散歩に行く。約一時間。健太は此の前、犬に噛まれて負傷(耳に小さな傷痕が残るが大丈夫です)したにも拘らず、どんな犬に遭っても尻尾振っている。駅前で大学生位の男女に囲まれて可愛がって貰いご機嫌です。

散歩から帰ると若も帰っていた。
b0197486_15575053.jpg
大型ショッピングセンターで買った弁当。鮭のタルタル、鶏の塩麴焼き等・・約900円・・若はデパートで買って来るが、其処よりは結構高い。6時頃では未だ値引きしないし、総菜売り場、弁当売り場は混雑している・・各店共弁当も昼と違う物を出している感じがする。地域性の違いでしょうか。
ポリュウムがあるが味は普通・・実は昼にいつも買う店とは違い弁当がコンパクトで持って帰るのに都合よい大きさ。いつも買う店にも似たような内容で置いてあったが面積が広いので持って帰るのに不便でやめた。こちらの方が味がしっかりして美味しいのに残念。
b0197486_15580100.jpg
日光豆腐
b0197486_15581197.jpg
若が作ってくれた卵トマトスープ・・美味しかった。
・・ここの大型ショッピングセンターでは殆どのものが揃うので、簡単に茶事が出来る。あと一時間早く店が開けば一人で出来るのにと・・頑張れば出来ない事も無いですが・・この今一の努力が欠けている。


by higashinuma | 2018-08-22 16:26 | 茶道 | Comments(0)

飼い主に似る

30年8月20日 月曜日 雲の多い晴れ(後雨予報)27.5℃ 体感としてはもう少し低いのかなと思う。
心配した健太の耳の腫れも無く、健太も元気にしている。昨日の夕がた散歩でいつも良く遭うトイ・プードル(健太と同じくらい大きい子‥噛まれたのは健太よりも小さい)と遭った。その子は良く吠えるので、飼い主もリードをしっかり押さえている。健太は尻尾振って遊びたい雰囲気。健太はそういう子なのです。全然めげていない。

犬の性格って、人と同じで育った環境で性格が違う気がする。健太は生後間もなく親元を離されて大手ペットショップで売られることになった。そして、4ヶ月位で我が家に来た。そのショップに居た時が性格を決めたのではと思われる。色々な犬種の中で店出しではサークルに一緒に入れられて、色々なお客に晒された。これで、フレンドリーになった?本当に誰でもなつくので可愛がられる。我が家に来てからはトイレの躾とか噛んでは駄目な事を仕込んだ。ビーグルは悪戯が激しいから、酷い時は打ったりしているが、大方は放任。一軒先の家に一歳の女の子が居て犬が好きで、健太と遊んでいた。健太も一歳前でしたが、その女の子に対しての加減を覚えたような気がする。遊びでも噛んだりはしなかった。一歳前から散歩に連れ出して、その女の子みたいに、犬とも人とも猫とも遊んでいた。最初は確かに警戒する様子もあったが、健太にとっては散歩が楽しいものになったようだ。

なので、犬とは遊ばないとか、声をかけても無視して通り過ぎる飼い主に疑問がある。「犬は飼い主にだけなつけば良い」と言うのも一理はあると思うが、フレンドリーで誰にも受け入れられるのが良いと私は思う。「犬は飼い主にだけなつけば良い」これは意味が深い。その言った人は「服従すればよい」と言う考えのようだ。犬広場に行ってもその犬はどの犬とも遊ばない。じゃ、なんでここに連れて来るんだよと思う。或る時、この犬のおもちゃのボールを貸して貰った犬が居て、草地の中で無くなった事がある。
100均で買うような物だったが、飼い主は徹底して探させた。仕方なく其処に居る人達全員で草地を探したが見つからなかった。最後は弁償したと聞いた。この飼い主の性格は犬とそっくりだと思った。私としてはお互い様なんだから「安い物だから良いですよ」と言うと思う。此の前久しぶりにその広場に行ったら三つのグループに分かれていた。前から小型犬と中型から大型犬の二グループはあった。が、今回、先のその犬を連れたグループと三グループだった。その犬のグループは知らない犬ばかりだった。一見して優しい感じの飼い主だが性格的にはなかなかの曲者だと思う。他人の悪口も平気で言う。私からは負のイメージです。でも仲良く出来ないのに、何でここに連れて来るのだろう。

全く違う場所にも犬の集まる場所があり、こちらの方が近いので良くこちらに行く。けれど、そこに集まる犬達みたいに毎日は行かない。健太もビーグルの特徴と言うか群れるけれど飽きっぽいので、そこでずっと遊ぶ事はしない。それで、散歩は無作為に街を縦横無尽に歩いている。私もしらない道を歩くのが好きだし、健太もそんな感じを受ける。ビーグルの性格の一つと言われる好奇心をくすぐるのだろうか。

飼い主に似るとは良く言ったものだと思う。もっともっと良い子に育てなければ。

我が家飯から
b0197486_08434219.jpg
ガパオライス・・獅子唐入れても美味しい
b0197486_08444260.jpg
枝豆・・バター醤油炒め
b0197486_08455243.jpg
胡瓜浅漬け

b0197486_08484448.jpg
ケンちゃん豆腐・・豆腐の名前です(笑)食べるのは普通に冷奴で、今回は中華風・・小葱の刻みと食べる直前に塩と胡麻油を掛ける。豆腐そのものの旨さもそうですが塩が決め手です。食べる直前に掛けないと葱がペチャっとなります。中華料理で正式に名前があります。今失念。




by higashinuma | 2018-08-20 08:54 | 所感 | Comments(0)

健太負傷

30年8月19日 晴れ 27.5℃ 今日も爽やかな朝ですが・・・やっぱり寝不足。その前の夜程にはトイレには行っていないが、健太が夜中にゲホゲホして苦しそうなので起きた。灯を点けた時はしょんぼりとした顔でお座りしていた。暫く撫でてやって落ち着く。そして朝は5時15分も前に起きていた。流石に私も眠くて・・気が付いたら6時15分だった。健太は目をパッチリ開けてお座りして見ている。
実は昨日の夕がた散歩に行っての帰り道に、対向してきた犬が構えている。健太も犬が来ると立ち止まって相手を見ているは常の事。そして相手の方はその犬を抱き上げていたが、腕からすり抜けて走って来て健太に噛み付いたのだ。健太も私もあっという間の出来事で為すすべ持たずだった。相手の人が走って来て、その犬を捕まえようとしたが中々噛み付いて離れない。その方は足でその犬を引き離した。良く知っている方で「健太君大丈夫」と聞いてくるが、特別何もないように見えた。「大丈夫です」と言ってその場を離れて、明るい処に行ったら耳から血を流していた。触ってみると結構流れているので、直ぐ病院へ連れて行く。歩いても2、3分の場所だ。健太もいつもなら、足を踏ん張って嫌がるのに、其処まではしなかった。直ぐ見て貰い、耳に穴が開いていて、止血を処方して「切れてはいないので縫う必要もない」と言う事でしたが、抗生物質と消炎剤の注射をしてくれた。そして5日分の飲み薬を出してくれた。
お金を持って居なかったので、健太を一旦家に連れて行き、支払いに行く。7000円に消費税(◎_◎;)こんなにするとは思わなかった。先生から相手に請求すると良いですよと言われた。いつも散歩で家の前通るしなぁ・・・どうしたものだろう・・・先生の一言「その犬が他の犬にも噛む恐れがあるので知らせて置いた方が良いです」・・
なんて言ったら良いだろう・・考えながらそのままその家に行く。
その家の方はとても恐縮していて対応が良かった。犬が飛び出していったのは、新しく買った胴衣が緩くて抜けて行った事。もう一匹飼う予定で見に行って、帰ってきたら嘔吐したり興奮気味だった事など話していた。最初、細かいのが無いので、是でと万札出されたが、後で我が家のポストに入れて戴ければと断った。
暫くして訪ねて来られ、代金を支払ってくれた。
私よりも若の方がよく知っていて、その犬はほぼ健太と同じ歳で小さい時は散歩で良く遊んでいたらしい。

健太は噛まれた時も吠えなかった。と、思う。その犬が興奮して吠えまくっていた。
階下に住む5歳位の男の子が健太と良く遊んでいて、散歩の途中でお婆ちゃんと遊んでいた。一緒に帰ろうと言う事でその帰り道の事でした。その子もとても怖がっていて、お婆ちゃん(偶々田舎から遊びに来ていた)も「こういうことがあるんだね」と怖がっていた。「健太は大丈夫だから、また遊んでね」と病院へ連れて行った事でした。
散歩では色々な話を聞く。「犬に噛まれてからこの子(犬)は犬と遊ばなくなった」とか良く聞く。朝の散歩はどうだったのか聞いていないが、多分、健太は大丈夫だと思う。心配した耳の傷も腫れていないので、今日明日だけは薬を飲ませて、5日分出ているけど後は良いかな・・・

ビーグルは耳が長いので噛まれやすい。遊びの中でも首を噛んだりもするが耳も噛まれている。でも、その時はお互いに甘噛みなので、じゃれているだけだし、相手の飼い主も笑って見ている。取っ組み合いを見ていると男の子だなぁと思う。

気分替えて我が家飯
いつもは晩飯ですが、昼飯も
b0197486_09095141.jpg
白ゴーヤーチャンプルー・・青いより苦みが少ない感じで美味しかった・・・生徒のご主人が栽培されているようで戴き物です。今回は豆腐も卵もおかかも入れて。
b0197486_09125090.jpg
稲庭うどんがあったので久しぶりに饂飩を戴く・・食べ方は「タイ風」です。本当は?煮魚とパクチーなどタイの刺激的な野菜、生もやし等々生の野菜を沢山入れて戴きます。「つゆ」も多分作った物だと思いますが、我が家ではナンプラーだけで食べます。今回はパクチーと茗荷、鮪缶詰をトッピングしてナンプラーを掛けて(酢を少し垂らしても旨い)戴きました。タイでは米麺ですが、在住の方は素麺で作っていました。稲庭うどんだからこういう食べ方も出来るのです。美味しかった。
初めて食べたのは在住の方が店の裏メニューで作ってくれましたが、バンコクでは裏街(旅行客は殆ど来ない)の庶民が食べる店で戴きました。でも、こういう店で生野菜を食べるのは抵抗があった。
テーブルに水を張ったボールを其の時は5個位あった。ボールにはパクチー、もやし、胡瓜(是は水を張ってない)知らない匂いのある野菜数種。見ていると各自がマイ箸でここから取って自分の丼に入れていた。サービスのような感じです。郷に入っては郷に従えですが、胃薬を持っている方が無難。⇐この時は薬飲んでません(笑)

胃薬と言えば私はタイでは一度だけ屋台飯で軽い症状の食あたり。台湾と中国で食中毒。原因は両方ともカットしたフルーツ。これはちょっと酷い。
因みに若様はお腹壊してホテルで私が医者を呼びました。日本語の出来る医者で往診には二人で来るらしい。個人旅行でしたが日本の大手旅行会社の対応は素晴らしいと思いました。逆にホテルは何もしてくれなかった。現地ツアーの旅行会社も良くして戴きました。




by higashinuma | 2018-08-19 09:42 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる