人気ブログランキング |
ブログトップ

つれづれ

<   2019年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

二月尽健太

2019年2月28日 木曜日 雨 20.3℃ エアコン入れている

ドッグランは今日までなので、天気予報で午後は雨予報でしたから午前中に健太を連れてゆこうと思っていたが、予報に反して小雨が降っている。ドッグランは公園の中で、そろそろマグノリアの花が咲きそうだし、草花も芽を吹いているため、犬は入場禁止になる。おしっことか下の処理を飼い主がきちんと出来るなら犬も入れて良いと思うのだが、色々な人がいて、街の散歩でもウンチを取らない人もいる。こういうのは犬を飼う資格がないし、我らの敵と思っている。
仕方ない今日は家の中でボール遊びでもしよう。健太の小さい頃はボールを投げると口に咥えて持ってきたが、いつの頃かボールじゃなくてスリッパ咥えて来たり、玄関マットを咥えて来るようになった。それがおかしくて笑っていたら、本当にボールは持って来なくなった。健太なりに飼い主の喜ぶ事をしているのだと思っている。躾としてはボールを持ってきたらおやつをやるですが、何もやってなかった。今日はもう一度訓練しようかと思う。知人の犬はフリスビーを投げ、キャッチして咥えて持ってくる。そしておやつをやっている。すると、飼い主がフリスビーを投げる前に取っておやつをもらうようになった。犬の方が一枚上ですね。
健太は今、ハイタッチを完全に出来る。「抱っこ」と言うと両手を挙げるのと同じで手のひらを合わせる。こちらが曖昧に手を挙げると顔をひっかかれる事になる。それから握手も覚えたようだ。お手とは違う。一番は朝晩の餌をやって喰い終わったよの合図をしてくれる。早飲み込みなので平たいトレイに小分けしてやっているが最後はサークルの扉を閉める。食べ終わると扉を右手でタッチするのだ。サークルは「健太のお家」と教えている。晩飯の後ソファで遊んで、寝る時間になると「お家に帰り」というと、ソファに横になって帰りたくないと愚図る事もあるが、自分から戻ってゆく。
餌を用意しているときに尻尾を振って吠えまくる。「ご飯だ!ご飯だ!」と喜んでいるように見えるのですが、何しろ近所迷惑。まだまだ教えることが事がある。
ドッグランによく吠える小犬がいるが「この子はおしゃべりなんです」と言う。トレーナーとか何人かに相談したらしいですが、おしゃぺだから治らないと言われたとか。私にも吠えるが怒っているとかでは無いのが分かる。そういう子もいるんだと初めて知った。
健太は嬉しいときは尻尾を振る。若が仕事から帰って来たりすると、尻尾を回していたり、横に振ったり色々。どういうときにどういう降り方をするのだろう。
b0197486_10092527.jpg
一歳前の健太

我が家飯から
b0197486_10164652.jpg
冬季限定販売野沢菜と豚バラ肉の炒め物・・二度目作って砂糖の量を増やし、醤油ではなく野沢菜の汁を足した・・・前回の方が美味しい
b0197486_10190735.jpg
鯖の味噌煮缶をキャベツと胡瓜一緒に食べる
b0197486_10212707.jpg
おろし納豆・・・飽きない
b0197486_10222529.jpg
ウィンナーと大根の煮物



by higashinuma | 2019-02-28 10:23 | 所感 | Comments(0)

二月最後の稽古

2019年2月27日 水曜日 曇り 19.1℃ とりたてて暖かいと言うわけでもないが起床時からエアコンを入れていない。今になって寒くなってきた。

NHKドラマで「小吉の女房」が放映されているが、偶然にも今読んでいる本はその息子の嫁取り話。ドラマは最初にちょっと観たが沢口靖子が奇麗すぎで、何となくドタバタな内容とマッチしない。本では勝家の住まいの家主(大旗本)の奥方が大層奇麗な方で花魁から後妻になった人という。それなら恐らく沢口靖子のキャスティングにマッチしているなぁと読み進めている。小吉の息子即ち勝海州こと麟太郎の幼馴染で深川の芸者に上がった「おたみ」が年季明けで麟太郎の嫁になる。が、小吉の女房と上手くやってゆけるかためらっている。偶然って面白い。ドラマが未だ放映中なら観てみようと言う気になってきた。

さて、昨日で二月最後の稽古となり、大炉も終わりです。来月は吊釜ですが、教室は蛭釘が打っていないので使えない。前の家にはその設備があるが、このところ勉強会で使うだけで炉を開いていない。勿体ないと思うけれど。
b0197486_09144107.jpg
b0197486_09145738.jpg
黒椿(侘助)と雪柳の芽吹き・・花が未だ蕾で何処にあるのの感じですが、私の好きな茶花の感じに入りました。
b0197486_09151075.jpg
早く来た生徒にも入れてもらう。私と同じで枝葉を切れないタイプ。猫柳はもっと短く。椿は葉の姿をよく見て・・入れ終わったら椿が少し沈んでしまった。良い感じに仕上がっていると思います。
大炉も最後の日となり棚を使ってみることに
b0197486_14093224.jpg
棚があっても無くとも左程点前に違いはない。座る狙いはどうですか?なんて言いません。いつもは「何処向いて座ってる!」です。
b0197486_14105466.jpg
炭手前をしてそれで良いとしていたが、せっかくなので薄茶点前もどうぞ
b0197486_14123092.jpg
一客一亭でとの事で、ご自服も
b0197486_14135235.jpg
花粉症でマスクで点前「お供茶みたいですね」飾りは入りの字では無く人の字になります。
今日は珍しく午後に集中でしたが、一人少し遅かったので花月は出来ず。大炉の六畳の花月もいつか・・・
b0197486_14172582.jpg
主菓子は「菜の花」
干菓子は到来物の「ロシアンケーキ」でした。
b0197486_14184171.jpg
乾燥するので袋のまま

お休みもあったけれど、今日みたいにまとまって稽古ができると炭が助かります。大炉は特にケチケチ炭を使うと釜の滾るのが悪い←本音です(笑)

茶杓ご銘
「望月」がありました。お客からは「スーパームーンでしたからね」本人は「西行の歌の、願わくば・・から戴きました」
「どうでしょうね。西行の歌は満開の桜の下。未だ二月ですし。以前、春の短歌で冴えた月を詠んだ事がありますが、評者に冴えた月は秋でしょうと言われたことがあり、じゃ、春の冴えた月は何と言ったら良いのですかと質問したら言葉濁していた。やはり、その言葉が持つイメージがあるので、それを考えた方が良いでしょう」

他には「一枝の春」がありました。「どういう意味ですか」「梅の花の事です」そこまでは分かっているのですが、もう少し掘り下げて出典などを説明できるように。要は茶道手帳などに書いてある一覧から取り上げても、それがどういうことなのかを説明出来るようになればもっと良いです。
「江南に住んでいた陸凱と言う人が北方に住む范曄に江南には何もありませんので梅の花を贈りますと五言詩を添えた中の最後にある言葉です」
二月も下旬になり、もう梅は花盛りなので今この言葉を使うのは相応しいだろうか?

茶道の魅力はそんなところにあるのだと思います。


by higashinuma | 2019-02-27 09:20 | 茶道 | Comments(0)

詐欺ⅱ

2019年2月25日 月曜日 曇り 20.8℃ 6時ころからエアコンを入れている 雨予報

若の風邪は土曜日午後から熱が出て、昨日は日曜日も診療している耳鼻科に行った。昨日午後からは少しは良くなったようで今朝は健太の散歩も出かけ、仕事にも行った。
昨日はパソコンの調子が悪く、本体のチェックを入れたが何の問題もなかった。私の中には遠隔操作している詐欺軍団が渦巻いている。新たな詐欺の手口と思われる。
遠隔操作をしてパソコンにトラブルを発生させて、今すぐ修理が必要です等と画面にコメントを出して電話をするしかないようにしむける。そして電話で不安を掻き立てて修理して差し上げます等と言ってお金を振り込ませる手口。相手の電話番号から検索すると要注意が出ている。でも、何でこういう悪質な手口の詐欺グループが検挙されないのだろう。私が思うに警察に訴えたところで、何もできないのではと言うこと。遠隔操作の証拠が突き止められるには時間と根気が要るのだろう。こちらも明確にそうだとは言い切れない。
リカバリして本体の初期状態にしてもアドレスが変わらない限り遠隔操作は繰り返される。
今、ブログを書いている段階で表面上2件の外部ウィルスがブロックされているようだ。発信元は私の技量では不明。パソコンを使って今はすべてネットに繋がらないと手紙一つ書けない。Windowsが共有だのなんだの進めているので以前のようにワードを使ってとかエクセルを使ってというようにはなっていない。これもMicrosoftでダウンロードということはネットで繋がっているけれど。

オレオレ詐欺の手口は進化していて警察もそれに対しては力を入れているのが分かる。前にも書いたが満期になった定期預金を別の金融機関に預け替えするのに、警察が来て立ち会い、振り込みが出来ないため、満期になった金融機関の方が警察に連絡して警察の車で別の金融機関まで送ってもらった事がある。申し訳ないなぁと思いながらお世話になった。

ネット詐欺はオレオレ詐欺より本当は多いのではと思われる。突然パソコンの画面に成人向けビデオ視聴の料金未払いの請求が出てきて、電話するようにの指示。随分昔の事ですが、焦りました。全く見た覚えがなかったので、消費者相談に行ったところ、無視する事とパソコンのリカバリ方法を教えてくれた。その後は何事も起きなかった。

何でこんな汚い手口で金を儲けたいのか・・それは人間だからです。
こんなことをして金を手にしても、恐らくは遊ぶ金欲しさとかそんなものにしか使っていないはずです。

政治もそうですね。森友加計問題も年金問題も明確に解決されないまま過ぎ去っています。今回の厚労省の問題もうやむやなまま過去になるのでしょう。
誰かが大笑いしている・・・人間だから

話それて
b0197486_08291562.jpeg
君たちは何をおしゃべりしているの?左が健太
b0197486_08295320.jpeg
鼻の頭に雪付いてるよ
b0197486_08305161.jpeg
この子たちは嘘を付かない・・いいえ嘘はつきます・・おしっこしているふりをして、拾い食いしている。こんな可愛い顔をして。賢いと言えばそうなんですが。



by higashinuma | 2019-02-25 09:03 | 所感 | Comments(0)

教本

2019年2月24日 日曜日 晴れ 21.3℃ エアコン入れている

昨日は奥伝の稽古で早く出かけ、真之初炭、真之行を午前中に、午後は大円之真と大炉での花月の稽古でした。16時過ぎに終わり途中で晩飯を買って帰る。若が午後から熱を出して寝ている。健太の散歩は行ったとの事。
一日に奥伝を二科目稽古は疲れる(この日は見学でしたが)それに細かいところで混乱する。メリットとしては違いが判る。例えば天目に茶を入れて茶杓を真横に入れるか、手なりに入れるかの違い等。
教本の無い点前は師系によって多少の違いがあるが、教本があっても違っていたりする。大炉の点前は教本があるが点前座での狙いは教本では内隅となっているけれど、座っている写真では内隅狙いでは無いと思う。私は環付を狙うようにしているが、昨日の話だと手前の内隅から向こうの内隅の間の何処を狙っても良いと言われた。それなら納得できる。では、教本は何故そのように書かないのか。標準という言葉は好きではないが標準の体形の人が点前をするのと大柄あるいは小柄な人が点前をするのでは、大炉の場合の可動域に対応出来なかったりするのです。この狙いに関しては教本は的確ではないと思う。建水を下げる時も今までは建水を持って出た場所を持って移動すると思っていた。が、それは全く否定された。ずらして持ちやすいように横を持ってよいとの事でした。今、改めて教本を見たら写真では横を持っていました。
大炉初炭手前で教本は、灰匙を雪輪瓦に平行に差すとしていますが、写真では灰を撒いた後に瓦に直角(手なり)に差している。
口で伝えるのと書いたもので伝えるのでは誤解が生じやすい。
私としては家元しか出来ない点前は一子相伝の口伝で良いけれど、奥伝も師匠によって違いが出るのを良しとしないのであれば教本があっても良いのではと思う。昔と違い細部の誤解しやすいところは写真を多用すれば良いではないかと思うのですがどうでしょうか?
稽古では男子も歩くのに足先を開かないようにまっすぐに平行にして歩く。けれど、宗家で家元はじめ業躰も足先を開いて歩いている。いずれそうなるのだろうか。逆ハの字。何だかハの字の開き具合まで決まりができるのだろうかと可笑しい。時代と共に変わるとは言うが複雑心境。

若が寝込んだので今朝は健太の散歩に出る。6時半ではもうすっかり明るくなっている。

我が家飯から
昨日の弁当は北京楼でした
b0197486_10022746.jpg
b0197486_10024160.jpg
おかずはシェアして頂く。この二個で幾らだと思いますか・・・750円半端は忘れた・・初めて買った店ですが美味しかった。何よりこの値段が魅力!
b0197486_10030633.jpg
小松菜があったのでスープを作る・・ニンニクと生姜をたっぷり入れて小松菜は免疫力アップと卵はタンパク質・・美味しかった。鶏がらに煮物椀の味付けで


by higashinuma | 2019-02-24 09:59 | 茶道 | Comments(0)

詐欺?

2019年2月22日 金曜日 薄曇りから本曇り後雨予報 朝9時で18.3℃だった。ちょっと寒いなァと思ったら起床時からエアコンは入れていなかった。もうそういう季節なのですね。今、もうすぐ夕方5時。朝、書き上げて写真をアップするところでフリーズしてしまい全部消えた。

昨日、電話があって「〇月〇日に貴方のクレジットカードを大型家電ショップでチェックされた方がいましたがそのような事をされましたか」「いいえ」「カード番号がハッキングされていますのでカードを止めて再発行します。番号とセキュリティ番号を替えて郵送しますので届いたら古いほうを送ってください。今のところ使われた例が無いので請求されることはありません」相手が読み上げたカードの番号まで全部合っている。

最初、詐欺かと思ったがカード会社からの連絡でした。それにしてもハッキングされているとは・・・実はこのカードはメインではなく、先の家電メーカーとは違う大型ショップのカードで、交通機関とかコンビニでは使っていた。メインのカードもやばい状況になって再発行をしてもらい、カードが届くまではそのカードでスーパーでの買い物をした事はある。どこで盗まれたのだろう?全く思いつかない。やはり危ないのはコンビニか?でも、コンビニは自分で画像にタッチして支払うので店員には渡していない。それでもカードを渡して目の前でレジを通して返してくれるのは・・・思い当たりがない。このカードで他に買い物は・・・
政府ではカード払いを推奨しようとしているが、こんなことで良いのだろうか。

我が家飯から
何人かこのブログを見て下さる方がいらして「我が家飯参考にしています」「中華が多いですね」とか直にコメントを頂いた。赤面ではあるけれど、私としては毎日何を食べているかの記録になるし、食は体を作るの基本から健康に過ごしたいと偏らないように気を付けるための記録で書いています。それでも若が余り好まない蒟蒻とか牛蒡は避けているし、海藻類が不足しているなと思っている。
b0197486_16590883.jpg
舌ヒラメのムニエル・・フリルレタス、エリンギのソテー、牛蒡サラダ・・舌ヒラメは淡白で美味しい。
b0197486_16592339.jpg
ポトフ・・簡単で旨い・・何しろ煮込むだけ・・ローリエなんか入れなくても十分美味しい・・

別の日に
b0197486_17041550.jpg
ヤムウンセン・・というか風です(笑)タイに行っても必ず何度かは食べています。基本があって、あとは色々な材料を入れるが店によって違う。地方に行ったとき、これそのものが主食で食べられていた。ずっと菜(おかず)と思っていたので驚きだった。
b0197486_17061321.jpg
ガパオライス・・タイでは一食くらいは食べますがガパオライスとしてはそんなに食べていないかなぁ?ラーブ(ひき肉とタイバジルの炒め物)としては食べる事もある。つまりタイでも家庭料理みたいで上のヤムウンセン(春雨サラダ)のように千差万別。
他の例えばトムヤムクンでも海老の種類で分けて何種類もありますし、海老でなく鶏肉(トムヤムガイ)等もある。他にココナッツミルクが入る入らないなど、タイ料理も幅が広いです。
いつも行くバンコクのフードコート行きたい!・・ここはガイドブックには載っていない。私は屋台ではあまり食べない。若は一人で行く計画を立てている👈腹立たしいけれど、健太が居るので・・(´;ω;`)
日本でも出店しているマンゴーツリーのバンコク本店には良く行っていたが若はここは気取っていて嫌いみたいです。この店とコカレストランは道路隔てた向かい。私はここにあるラーメン亭の五目ラーメンが好きです。値段は日本なみでバンコクにしては高いですが、その具材の新鮮さやボリュウーム、味は絶品と思う。この三店舗は日本人客が多い。同じ通りに日本語名の居酒屋があってふとした事でタイ人の板前と知り合ったが、刺身など日本人並みの調理が出来ていた。店主は大阪出身でチェンマイの方で牧場やっていると聞いた。奥さんはタイ人。でも、最近店が変わった?

by higashinuma | 2019-02-22 17:31 | 所感 | Comments(0)

大寄せ茶会

2019年2月21日 木曜日 雲が多い晴れ 20.3℃ こんな気温ですが風が強く何となく寒い朝です。

大寄せ茶会はあまり好きではないが、一月の初釜から始まって3月まで何回か参加することになっている。長いことお茶をしていると、最近はどの茶会に伺っても感動が薄れている気がする。年だからばかりではない。
一番の要因は亭主本位の茶会だからではないかと思い当たる。それは、ある方の茶会はそういうことは無いからだ。
大寄せは大勢が押し掛けるので亭主の気配りが行き届かない。けれどその方の茶会では客が多くてもそれらを感じさせない工夫がされている。勿論、待たされることはあるがそれらも含めて嫌な感じは受けないのです。

2月の茶会は供養席でした。昼過ぎて伺ったので客は少なく直ぐに席入りとなりました。濃茶席、薄茶席、香煎席、点心席の全てを社中で行っていると聞いた。当日のお菓子もお菓子屋さんが来て作りたてを馳走。
濃茶席は寄り付きに箱書が並んでいたが、拝見する時間もなく席入り。席中は故人と永い間ご一緒された方が次客で、正客は男子で言葉少ないので、次客と亭主の故人の思い出話となりました。私も知らない事ではないので聞き入ってましたが、肝心の道具に関しては、話していたような気もするが全く、何一つ覚えていない。
b0197486_09261991.jpeg
床の軸は見れば分かるのですが・・
b0197486_09264914.jpeg
どれも故人の思い入れの道具なのでしょう。
b0197486_09255136.jpeg
お菓子はきんとんですがご銘は聞こえなかった。中に蓬の緑で包んだ餡が忍ばせてあり、おいしいお菓子でした。
薄茶は立礼席で亭主がいろいろと話されましたが、道具のことは?・・正客をしたけれど・・
b0197486_09273519.jpeg
お菓子も蒸したての温かいのを頂きました。
b0197486_09271661.jpeg
水指、棗、茶碗は空をイメージしているとの事で故人が空から見ている気がするとの亭主の言葉。正客の席には猪の土鈴を富士山の図柄の古帛紗に載せてあり、故人は亥歳生まれで(大宗匠の一回り下)、ご自宅から富士山が見えるとのことでした。
私もこの席で初茶会の薄茶を担当しましたが、雨戸の処に屏風を立てていました。
b0197486_09252812.jpeg
香煎席では蓮根から作ったという岩国から取り寄せの外郎でした。美味しかった。お茶は故人が裏千家の天津校で指導されていましたので中国の烏龍茶ですとのことでした。このお菓子とお茶の取り合わせは絶妙です。

師匠は追善の茶会をするときはこの道具を使ってくださいと言われた。軸からいろいろと一式取り揃えておられた。こちらの席では姉と弟のご兄弟が相談しながら決められたことでしょう。その気負いが感じられる席でした。若い方の席なので・・・

来月は美術館の茶室での知人二人が席を設け、その後は京都でのお祝いの茶会がある。他に茶事。


by higashinuma | 2019-02-21 09:58 | 茶道 | Comments(0)

大炉炭手前

2019年2月20日 水曜日 晴れ 18.8℃ 靄がかかって晴れているが日差しが薄いためかもうすぐ9時でも暖かさがない。今日は気温が上がる予報。雨上がりの暖かい日は花粉が飛びやすいのではと思いながら洗濯物を外干する。乾燥機付きが欲しかったが洗濯機置き場の幅と欲しい機種が合わず、仕方なく軽く乾燥が入る機種を選んだけれどその機能は殆ど使っていない。最近は乾燥を気にして夜に室内干しをしているが、やはり天日に干した物のほうが気持ちがよい。

昨日の稽古は休みの連絡が次々入り結局午前一人午後一人となり早く帰る事ができた。「健太連れて駅に迎えに行ったよ」と言われたが、乗換駅で荷物が重くてエレベータを使ったら、太った小母さんがゆっくりゆっくり歩いて乗ってきた。ホームに着いたときは電車が来ていて小走りに行ったがドアが閉まってしまった。予定の電車に乗れなかっく、それから10分位待たされたので、仕方ない。若に荷物持ってもらいたかったのに。頑張って階段昇ればよかったのだ。

b0197486_09062099.jpg
b0197486_09063771.jpg
花は白梅と蝦夷錦椿・・椿の座りが悪く苦戦まぁまぁ何とかなったかなと思うが
b0197486_09065144.jpg
大炉の炭手前はあまりやらない。元火を点けずに流れの稽古をする。炭斗の組み方等はいつもと同じで、手順も同じですが、灰器を使わないとか道具の置き場所、初掃等が変わってきます。玄々斎が考えられたのだろうか?理に叶っている。雪輪瓦の位置が悪く・・写真で見ても瓦の厚さ分釜に寄せると灰が掬いやすいのに・・自分で炉を開いていないのが悪いんでしょう(笑)

続いて濃茶点前でしたが水指の横に電気ポットを置いて、お湯を使う時だけそこから汲むことにした。これなかなか良いアイデアかも。
主菓子は
b0197486_09070866.jpg

ご銘は「春の宴」実はこのお菓子は雪平で単にそれが食べたかったので意匠とかご銘に気を配っていない。最近、雪平はほとんど見かけなくなった。卵の白身を混ぜるので日持ちがしない事が理由の一つみたいです。中は白餡でおいしかったのに・・・
b0197486_09072190.jpg
香合はどこに置くか考えいるみたいです。釜の正面に座るのですが、点前(手前)での位置取りが難しいみたいです。
この後、やはりポットを置いて薄茶点前を稽古する。

干菓子は到来物をお土産に持たせました。
来週は濃茶と薄茶点前をもう一度行い、大炉は終わりにしようと思う。
四月から初心者教室を担当予定なので、歩き方、お辞儀、帛紗捌き等々基本を見直してみたい。



by higashinuma | 2019-02-20 09:43 | 茶道 | Comments(0)

如何に手を抜くか

2019年2月18日 月曜日 晴れ 19.8℃ リビングに入り込む日差しもだいぶ遠のいてきた。今日あたりは春~の感じです。明日はもっと暖かくなるとの予報。

これで三度目書いていますが、パソコンが調子悪い。また遠隔操作されているのだろうか。windowsに問題あると表示は出ているが・・・
なので簡単に昨日の我が家飯を
・・昨日は知人の「偲ぶ会」の茶会があり、一昨日、若から明日は「ピザと唐揚げ(ケンタッキー)僕が買ってくる」のリクエストだった。そして昨日出かけるとき「回転すし」「銚子丸?」「あのアラ煮食べたい」・・で茶会から帰り健太散歩終えて「食べに行こうか」と言ったら何となく渋っている。私も歩きたく無かったので晩飯の支度をする。内心怒っている。あいつの気まぐれでいい加減な事は今に始まったことではないが。
b0197486_13560745.jpg
豚肉と野沢菜の古漬け(冬季限定販売とか)の葉のほうを炒める・・実は上海辺りで食べられている料理で豚は干し肉なのですが、こってりしていてしかも嫌味がない料理があり、それに似せてやってみた。砂糖は黒糖を使う。少しコッテリ感に劣るが案外美味しかった。
b0197486_13555447.jpg
エリンギのバター醤油炒め
b0197486_13553563.jpg
ブロッコリーと人参のカニみそバーニャカウダ・・北海道産の蟹みそですが何故か島根で売っている。取り寄せか東京だと銀座でないと買えない。
b0197486_13552312.jpg
にら玉風味噌汁・・中に豆腐
家ご飯が美味しいですが、作るのも好きですが、洗い物が・・・昔聞いたある作家さんのところでご馳走になったら、皿じゃなくて新聞に載せて出されたと言う話を思い出した。震災の時は皿にラップ敷いて料理を載せれば洗わなくて済む・・など馬鹿なことを考えている。でもね、花火の時の来客の時に紙皿と紙コップでと言われたが何となく許しがたかった。
そんなこと言うなら、サプリメントで済ませばいいじゃん(笑)

※ツアーで上海の周遊旅行に参加した。食事は円卓で4人組の人たちと合わせて10人くらいの円卓を囲んだが、その4人組は料理の取り方が遠慮ない人達だった。で、最後に回ってきたらこの皿の料理は何だった?の感じでバラ肉一切れ、菜が一切れと汁しか残っていない。若とあの四人組の卓には座らないようにしようと決め、ガイドさんにも注意してもらった程ひどい人達だった。もうだいぶ昔になってしまったが食べ物の恨みは忘れないものです(笑)上の写真の料理はその地方の名物らしく何度も出されたので味を覚えた程美味しい料理だった。上海蟹などは最初から一人分ずつ出されたので問題なかった。
円卓料理は、普通は全員に行き渡るように適量を自分の皿に取って残っていたらまた回して取るのが暗黙の約束みたいなものです。店によっては全員の皿を集めて取り分けてくれる処もある。その方が良いのですが店員が多いと料金も上がる。


by higashinuma | 2019-02-18 14:25 | 食事 | Comments(0)

クレジットカード

2019年2月17日 日曜日 曇り 19.8℃ 顔はほてって熱いが手足が冷たい。家では靴下は履かない。若が暖かそうな室内履きを買ってくれたが、今使っているスリッパがまだ使えるのでそれは宝物になっている。
スリッパの用は足の安全です。例えば震災時にガラス破片とかあったとしても足裏を保護する役目になります。こういうのは経験がものをいう。寝るときには必ずベッドの横に置くが鉄則。それもあり、お宝は暖かいけれど滑る、底が保護されていない。有難く嬉しいけれど。

12月にクレジットカードの番号を変えた。ネットで搾取される危険があったからだ。で、困ったのは公共料金の支払い。年間使用額100万円以下はカードの使用料が要るので公共料金の支払いにも使っていた。月末に新しいカードが届いたことで、公共料金の支払先へカード番号変更の届けを出した。ところがある会社より番号が同じですがと電話があった。そんな筈はない。カードの体裁も銀号も変わっている。話の成り行きでどうもカード会社がその支払先へ新しい番号を知らせたようでした。それなら、他の所も全部変えてくれれば問題ないのに。以前は銀行が変更を代行してくれたと思う。今は顧客に対するサービスは一切やらない。
サイバーとかネットでカード番号を搾取されるのは怖いです。大手〇〇から普段使いの家庭用品(嵩張るもの、重量のある物)等までカード決済で買っている。そればかりではない。色々と買い物に便利にネットを使用しカード払いしている。どこまで信頼できるのだろう。国の政策もカード払いを進めているようだ。多分、あれはマイナンバーと同じで個人資産の管理に着手しているのだと思う。爪に火をともすような生活者はますます苦しめられる。変な例えだが例えば年収1億円の人から1千万の税金を取るのと、200万円に満たない人から20万円の税金を取るのとは大きな隔たりがあると思うけれど、そう言うことは考えられていない。生活保護を受けている老人が急増しているとあった。原因は老人が増えたとあったが、年金が切り下げられ、物価が高騰していて、おまけに消費税が上がったらどうなるんだろう。「下々」という良く問題発言する大臣が金融を司っていては庶民の感覚はわからないのだろう。

気分転換の我が家飯
b0197486_10421817.jpg
しゃぶしゃぶにした・・・坦々鍋の鍋の汁と煮えにくいものを仕上げて
b0197486_10423106.jpg
豚しゃぶです。岩手もち豚・・パックごと
b0197486_10420513.jpg
市販のサラダセット・・全部二人前スモークサーモンや生ハムも二枚重ねになっています。見た目も味もおいしいです。私は半分ずつ食べたけれど「あっ!かぼちゃ無い」「食べないのが悪いでしょ」時々腹の立つ。


by higashinuma | 2019-02-17 10:14 | 所感 | Comments(0)

健太 2019年2月16日

2019年2月16日 土曜日 薄曇り 18.8℃ このところ寒い日が続いています

昨日は午後から健太の散歩の時間にドッグランに連れて行った。健太の散歩には何コースかあり、ドッグランは駅方面に向かう。交差点を「健太こっち行くよ」と言うと彼はドッグランに行くと思うらしく、グイグイ引っ張って歩く。昔、兄の家でもビーグルを飼っていて、遊びに行くと散歩に連れて行ったが、私はあまり感じてないけれど、若が健太より引っ張っていたという。そして、昨日はドッグランに一匹(頭)しか居なかった。健太と遊ぶかなと思ったが、3時半頃で連れてきた奥さんは小学生の女の子におやつをやる時間だからと帰っていった。健太はドッグランで一人で走っていた。ボール遊びやフリスビーもやってとても楽しそうです。けど、寒い!一時間も居なかったが「健太帰ろう」とそこを出て、街を散歩する。歩いていると昨日のような結構な寒さでも背中に汗をかく位の運動になる。
b0197486_09141235.jpg
昨日夜の様子・・この写真よりも、もっと大きな目で三白眼で見上げられるとドギマギする
b0197486_09145026.jpg
今朝の様子・・こうしてくっつかれたら可愛くて仕方ない

最近と言うか昨日から覚えた「ハイタッチ」頂戴の手では両手で出来ていたが、両手を挙げて手の平を合わせるタッチを覚えた。先日書いた台湾映画の「一分間だけ」の中でゴールデンレトリバーは子犬の時から手のひらを合わせる子で、最後の看取りの時も手を合わせるのだった。犬の演技も凄いなと思う。ゴールデンレトリバーは頭の良い犬種と聞いたけれど、ビーグルも負けず劣らずだと私は思う。見ていると相手によるのではないかと思う事がある。話を良く聞く人とそうでない人がいるようだ。それは犬の甘えなのだろう。今はボールを投げて追いかけるが持ってこないのを直したいと思う。子犬のころは持ってきていたが、ご褒美をあげていなかった。ボールを追いかけて咥えて下に落とし、その場で待っている・・狩猟犬の癖が出ているのかもしれない。
近所のボストンテリアはフリスビーを投げ、キャッチして持ってくるが、必ずご褒美を貰う。そして、今はフリスビーを投げようとする時に咥えて離さない。それでご褒美を貰うことを覚えてしまった。見ていては笑えるが。
b0197486_09533982.jpg
今は「何してるの」退屈そうに見ている

我が家飯から
b0197486_09551018.jpg
ぶり大根(一人分)・・アラで作るのが基本ですが・・背と腹とどちらが好みでしょうか?
b0197486_09570318.jpg
汁物はけんちん風・・冷蔵庫整理で焼き豚があったので・・温まるし美味しい
b0197486_09582201.jpg
法蓮草の胡麻和え・・このすり鉢は小さいが法蓮草一把を盛るのに丁度よいし、そのまま食卓に出せるので便利・・本当は茶葉を擂るのに買ったけれど茶葉擂りは一二度使っただけ。大きい擂り鉢は何年も使ってないかも・・とろろ汁や納豆汁作っただけかなぁ・・


by higashinuma | 2019-02-16 09:25 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる